ZAITEN2021年3月号

偶然? それとも……

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」

カテゴリ:クレーム・広報


ロレアル.jpg

 経験者なら分かると思うが、自宅での白髪染めや髪のカラーリングはとても面倒な作業である。1人で染める場合、思ったより難しく、うまくできない人が大半ではなかろうか。

 染毛剤を床に落としたり、服に付けてしまったら、さらに面倒なことになるため、その場ですぐに洗い流せるように風呂場で服を脱いで染めている人も多く、そうした場合、染毛剤を塗っている間は家の中を動き回ることはなかなかできない。

 このような商品の性質上、消費者には染め色や価格以上に〝使い勝手の良さ〟が重視されている。今回はグローバル企業が出している白髪染めクリームのセットについて情報提供があった。

フタが開かない欠陥容器?

ロレアルの白髪染めクリーム「ロレアル パリ エクセランス ヘアカラー」を使っています。ロレアルの染め色はとても気に入っているのですが、使うたびに毎回困っていることがあります。問題は染毛剤そのものではなく、白髪染めクリームとセットになっている「弱酸性アフターカラーシャンプー」の容器です。

 このシャンプーは1回使い切りで、容器のフタ部分が本体と一体化している日本ではあまり見たことのないような形状をしています。クビ部分を折ろうとしても、引っぱっても、回してもフタが取れず、中身のシャンプーを使うことができません。ハサミで切ればよいのでしょうが、私の場合、入浴の前に髪を染め、入浴時のシャワーで染毛剤を落としており、毛染めの時は服は全部脱いでいて裸の状態です。その状態でハサミを取りに部屋まで戻る余裕はありません。

 結局、最後までフタが開かないため、いつも浴室に置いてある別のメーカーのシャンプーを使って洗髪しています。

 ちなみにこれは1回だけでなく毎回です。偶然、欠陥商品ばかりを買ってしまったのでしょうか。それとも、ハサミを使うことを前提につくられているのでしょうか〉(読者のメールより)

 ロレアルグループは、フランスのクリシーに本社を持つ世界最大の化粧品メーカーである。2016年の連結売上高は3兆円で、ユーロネクスト・パリ上場企業でもある。ヘアカラー事業は創業時から手掛けている祖業とも言える事業だ。

 編集部では読者の話が本当か確認するため、「ロレアル パリ エクセランス ヘアカラー」を購入。中身を確認したところ、「染毛剤」のほかに「弱酸性アフターカラーシャンプー」「アフターカラートリートメント」という3種の商品が入っており、使う順番がナンバリングしてある。

 今回問題となっているのは、2番目に使うシャンプーの容器である。

 実は日本で市販されている白髪染めクリームには専用トリートメントがついている場合が多いが、シャンプーまでついている商品は少なく、ロレアルのこの白髪染めのウリでもあった。

 実際にシャンプーの容器を開けようとしたところ、引っぱっても回してもフタはビクともしない。商品に添付されている説明書も確認したが、容器の開け方を見つけることはできなかった。やはりハサミが必要なのだろうか?

......続きは「ZAITEN」2021年3月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

ウーバーイーツ「危険運転配達員のクレームは警察へ」と案内!?

ベルーナ 景表法違反チラシをバラ撒いた無責任企業

千疋屋総本店 フタを開けると手がベタベタ 老舗の〝高級プリン容器〟

【全文公開】KDDI 料金センターから「死亡者」宛て請求電話

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ

日本ロレアル フタが開かない 「白髪染め用シャンプー」