2021年04月号

望月衣塑子記者が語る

【特集・東京五輪】本当に開催できるのか⁉

カテゴリ:事件・社会


記者は意見表明し難い?

 私は今、「東京五輪は、この流れだと中止しなければならないだろう」と考えています。実際、ツイッター上でもそう主張していますし、「中止を早く決定して五輪予算を新型コロナウイルス対策に使うべきだ」とも綴っています。

 あくまでも、「五輪中止」は私個人の見解ですが、所属する東京新聞=中日新聞からは「そんな主張はするな」といった干渉はまったく受けていません。

 他社の記者でも、五輪の問題点を熱心に取材している人がいるのも事実です。ただ、新聞社やテレビ局の社員である大手マスコミの記者たちは、ツイッターなど個人のSNSであっても、そういった考えは表明し辛い状況にあるのかもしれません。

 というのも、みなさんご存知のように、読売、朝日、日経、毎日の新聞各社は東京五輪の「オフィシャルスポンサー」の立場にありますし、産経に加え、地元・札幌でマラソン競技が開催される北海道新聞は「オフィシャルサポーター」です。

......続きは「ZAITEN」2021年4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【NHK特集】NHK幹部「前田会長降ろし」の新局面

【NHK特集】受信料収入「7000億円」で職員の好待遇

【特集】NHK「公共放送」の大嘘

【特集】東京オリンピック「なぜ『中止』と言えない!?」

【特集・東京五輪】"恥の五輪"には「恥ずかしい森喜朗」しかいなかった

【特集・東京五輪】「新聞社が五輪スポンサー」は米国ではあり得ない!

【特集・東京五輪】本当に開催できるのか⁉

【特集・東京五輪】本当に「アンダーコントロール」なのか

筑波大学「独裁学長」から届いた"呆れた抗議文"

JR東日本「附属病院で大量リストラ」の異常