2021年06月号

何て答えるの?

千疋屋総本店 フタを開けると手がベタベタ 老舗の〝高級プリン容器〟

カテゴリ:クレーム・広報

千疋屋.jpg

 千疋屋総本店といえば、江戸時代から続く老舗中の老舗の果物専門店。その名店の高級プリンの容器が問題視されている。

〈日本橋の千疋屋総本店で「苺ミルクプリン」を買ったところ、特に揺らしたわけではないのに、箱の中でソースの液だれがありました。また、カップの中皿に入っている練乳ソースをプリンに注いで食べるのですが、中皿のフタを取ろうとしたところ、フタにもいっぱい練乳がついていて、手がベタベタになってしまいました。中皿には注ぎ口もなく、我が家の子どもや老人たちはうまく注げず、テーブルもベトベトになりました。

 私が思うに、このプリンの容器が問題なのではと思います。注ぎ口を工夫したり、あんみつの蜜のように、ボトルに詰めたりするべきではないでしょうか。味は申し分ないのに残念です〉(読者のメールより)

 早速、東京・日本橋の千疋屋総本店に確認しに行った。

 千疋屋のプリンはどれも600円以上する高級品だ。ショーケースには「苺ミルクプリン」の他にもたくさんの種類のプリンがうやうやしく並んでおり、みな同じ容器に入っていた。店員に聞いたところ、季節のフルーツを使ったプリンは売れ筋で、午前中で売り切れてしまうこともあるらしい。聞き込みを一通り終え、数点の高級プリンを購入し、編集部へ戻った。しかし、箱を開けるとすでにフタの隙間から液漏れが―。

......続きは「ZAITEN」2021年6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

KDDI 本人が電話しても解約できない「UQモバイル」

ウーバーイーツ「危険運転配達員のクレームは警察へ」と案内!?

ベルーナ 景表法違反チラシをバラ撒いた無責任企業

千疋屋総本店 フタを開けると手がベタベタ 老舗の〝高級プリン容器〟

【全文公開】KDDI 料金センターから「死亡者」宛て請求電話

消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

フマキラー 食文化を破壊する「食品用アルコール除菌フードキーパー」

読売新聞 料理の記事の下に「排便」強調広告を配置

島根県 財政力最下位県が「意味不明広告」で税金の無駄遣い

三鷹市役所「駅前公衆喫煙所」が象徴する民度の低さ