ZAITEN2021年12月号

みずほは目こぼし、北尾SBIを増長させる――

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪

カテゴリ:企業・経済

2112特集扉.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像みずほ銀行がシステムトラブルを相次いで引き起こす一方、北尾吉孝率いる"異形の金融王国"SBIホールディングスが新生銀行にかけたTOB(株式公開買い付け)は「敵対的TOB」に発展し異例の事態となった――。その陰には、みずほの長きガバナンス崩壊を座視してきた金融庁の不作為と、SBIが露骨に進める幹部をはじめとする金融庁OBの"天下り"受け入れという作為的な事態が横たわる。果たして、これまでの金融行政に瑕疵はなかったのか――。その"原罪"を検証する。

【ラインナップ】

◆ みずほ「メガ転落」に金融庁の十字架

◆ 天下り先「北尾SBI」とのズブズブ

◆ 財務省・金融庁「再統合」矢野次官の野望

◆ 歴代金融庁長官の「セカンドライフ」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

ヨシモト城下町ルポ「大阪支配」の現在地

【特集】〝政商〟吉本「増殖する公共利権」演出のキーマン

【特集】吉本興業「笑えない」政〝笑〟軍団

三菱自動車「加藤社長はゴルフ三昧」の暗澹

【特集】「電力崩壊」の戦犯たち