ZAITEN2021年12月号

みずほは目こぼし、北尾SBIを増長させる――

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪

カテゴリ:企業・経済

2112特集扉.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像みずほ銀行がシステムトラブルを相次いで引き起こす一方、北尾吉孝率いる"異形の金融王国"SBIホールディングスが新生銀行にかけたTOB(株式公開買い付け)は「敵対的TOB」に発展し異例の事態となった――。その陰には、みずほの長きガバナンス崩壊を座視してきた金融庁の不作為と、SBIが露骨に進める幹部をはじめとする金融庁OBの"天下り"受け入れという作為的な事態が横たわる。果たして、これまでの金融行政に瑕疵はなかったのか――。その"原罪"を検証する。

【ラインナップ】

◆ みずほ「メガ転落」に金融庁の十字架

◆ 天下り先「北尾SBI」とのズブズブ

◆ 財務省・金融庁「再統合」矢野次官の野望

◆ 歴代金融庁長官の「セカンドライフ」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至