ZAITEN2022年2月号

あきれた広報実話大賞 第9回

あきれた広報実話大賞(第9回 )SBIホールディングス

カテゴリ:クレーム・広報

北尾吉孝SBI_Site.jpg

北尾吉孝社長(写真は公式HPより)

SBIホールディングス コーポレート・コミュニケーション部 殿

貴社コーポレート・コミュニケーション部は

本誌2021年11月号に掲載した 貴社関係先の贈収賄騒動に関する記事の取材で

「SBI」を社名に冠する企業が連結企業かどうか 回答することができませんでした。

そればかりでなく、取材の締め切り日が過ぎても 連絡を入れず、重大な事実確認を放棄しました。

自社に関する基本的かつ重要な情報を開示しないのは 「不透明な企業の広報対応」にほかならず

1部上場金融企業の広報として失格です。

これを機に杜撰な広報対応を一掃し 取材対応体制を整備いただき

不都合な事実および不祥事に関する取材にも 真摯に回答されることを望みます。

依って茲に記念品を贈り 「第9回あきれた広報実話大賞」として表彰いたします。

                         2021年12月「ZAITEN」編集部

......続きは「ZAITEN」2月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

東急東横線 専用車両はガラガラ「混雑悪化Qシート」

横浜銀行 お粗末なミスで「読みとれないQRコード」

アイリスオーヤマ「消費者軽視の言い訳は〝噴飯物〟」

ミスターミニット「下請企業を蹂躙する〝みずほ出身社長〟の横暴」

三井住友信託銀行「手のひら返しで態度一変」

社内・OBから大顰蹙 女性社長を傀儡に強権院政

サンドラッグ「取材を勝手に断ろうとする代表電話」

警察庁「回答期日無視などの呆れた広報対応」

ワークマン「〝監修〟を〝コラボ〟と宣伝する図々しさ」

JR東日本「発車メロディの〝改悪〟」で企業広告の違和感