2022年06月号

【新クレーマーズレポート】

アップルジャパン 「乗っ取りIDで爆買い」 2週間放置の異常対応

カテゴリ:クレーム・広報

 米国の主要IT企業GAFAの一角、アップル。日本ではアップルジャパン合同会社がアップル社製コンピュータや各種アプリの輸入販売・研究開発を行っている。同社の対応に関し、読者より編集部に情報提供があった。


「先日、アップルIDを乗っ取られました。不幸中の幸いでクレジットカード番号までは盗まれなかったのですが、二次被害を防ぐために、アップルにIDを停止するか廃止してくれるように頼みました。こうした被害は頻発していますから、てっきりすぐに対応してくれるとばかり思っていたのですが、正反対でした」


 アップルIDとは、「App Store」「Apple Music」などのアップルのサービスを利用する際のアカウントであり、連絡先や支払情報、アップル全般で利用するセキュリティ情報などが紐づけられている。


「最初はテクニカルサポートセンターとチャットで遣り取りをしていたのですが、一向に埒が明かないので、テクニカルサポートの電話番号を教えてもらいました。しかし、『それはセキュリティ担当が』とか『それはID担当が』などと、まるで日本の役所のようなたらい回しを続け、『緊急にIDを停止か削除して欲しい』と訴えても、アップルの対応は、『IDは停止も削除もできません』の一点張りでした。その間に、盗まれたIDがベトナムで使用され、さらに別の人のクレジットカードと紐付けられてしまったため、大量に買い物をされ続けたのです。業を煮やしてオペレーターを通して二次被害を伝えたところ、ようやく停止できました」(読者)


ユーザーにはなす術なし


 しかし、IDを盗んだ人間が解除できる設定だったため、被害は続いたという。その後、同じようなやりとりを続けた挙げ句、IDを削除したのは、乗っ取りからなんと2週間も過ぎてからのことだったという。

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

おとり広告「スシロー」を罰せられぬ消費者庁は〝必要なし〟

大手企業「業者に顧客丸投げ」の大罪

ロレックス「売ったら終わり」の粗雑なアフターサービス

星野リゾート 予約は面倒でも「しょうがない」のホンネ

政府広報動画に「ミス日本」起用のスケベ心

Amazonジャパン 自ら〝誤配〟しておきながら 会員にしか「クレーム対応せず」

LINE おバカ芸人「トレインジャック広告」で〝認知症〟を揶揄

アップルジャパン 「乗っ取りIDで爆買い」 2週間放置の異常対応

高島屋 「ポイント使用は2000円から」のみみっちさ

日ハム新庄「仮想通貨の広告塔」リスク