2022年06月号

Amazonジャパン 自ら〝誤配〟しておきながら 会員にしか「クレーム対応せず」

カテゴリ:クレーム・広報

 向こうからは見えているが、こちらからは見えない―。そんなディストピアさながらの会社が存在する。GAFAの一角、アマゾンのことだ。今回は、記者自らが巻き込まれた不条理の話である。


 アマゾンからの荷物の不在票が郵便受けに入っていたのが3月16日。宅配ボックスを開けると、送付先は近隣の住人。完全な「誤配」だ。だが、不在票には再配達の届出番号しか見当たらず、それ以外の連絡先の記載はない。


 同じような〝被害〟はよくあるはずと、ネットで「アマゾン 誤配」と調べると、パソコンやスマートフォンアプリでアマゾンのアカウントにアクセスすれば、チャットか電話(※先方からのみ)で対応する「カスタマーサポート」があるという。アカウントでログイン? アマゾンの顧客(登録会員)以外はどうするのか!?


 とはいえ、他人に届くべき品物が自分のところにあると落ち着かない。違和感を抱えつつも、パソコンから自分のアマゾンアカウントにログインし、チャットを通じて誤配を知らせる。ところが、記者の自宅の宅配ボックスはそのまま。要は、注文客にはセンターから同じ商品を発送したものの、誤配した荷物は回収しに来ていないのだ。不在票受信から約1カ月後の4月13日になっても、宅配ボックスに荷物は入ったままである。

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

おとり広告「スシロー」を罰せられぬ消費者庁は〝必要なし〟

大手企業「業者に顧客丸投げ」の大罪

ロレックス「売ったら終わり」の粗雑なアフターサービス

星野リゾート 予約は面倒でも「しょうがない」のホンネ

政府広報動画に「ミス日本」起用のスケベ心

Amazonジャパン 自ら〝誤配〟しておきながら 会員にしか「クレーム対応せず」

LINE おバカ芸人「トレインジャック広告」で〝認知症〟を揶揄

アップルジャパン 「乗っ取りIDで爆買い」 2週間放置の異常対応

高島屋 「ポイント使用は2000円から」のみみっちさ

日ハム新庄「仮想通貨の広告塔」リスク