ZAITEN2023年10月号

ZAITEN SIGHT

みずほと富士通「AI共同開発」のお笑い草

カテゴリ:企業・経済

「次世代金融への転換」を看板に掲げながら肝心のフィンテックで出遅れ、デジタル敗戦を重ねてきた、みずほフィナンシャルグループ(FG)。新技術に飛びついては鳴かず飛ばずにもかかわらず、今は生成AI(人工知能)の活用に血道を上げる。しかも、そのパートナーがマイナンバーカード関連や政府機関・大企業向けクラウドサービスで失態続きの富士通というから社内外で「最弱タッグ」と失笑さえ漏れている。  

 両社は6月、生成AIを活用しシステム開発・保守に関わる品質の向上や障害発生時の迅速な復旧力(レジリエンス)の強化を図ると発表。ただ、みずほは傘下の銀行が一昨年、大規模システム障害を頻発させ、その一因として銀行の基幹システム「MINORI(ミノリ)」開発で富士通が手掛けた部分の不具合が取り沙汰された。

......続きはZAITEN10月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至