ZAITEN2023年11月号

ZAITEN SIGHT

大阪国税局「OB税理士と癒着疑惑」で混乱

カテゴリ:事件・社会

 大阪国税局が、ある課税案件で調査の仕切り直しを迫られ庁内が混乱している。「実力OB税理士との癒着疑惑がある」ことが原因で、所得隠しが疑われる金額が巨額だけに、国税関係者の耳目が集まっている。  対象となっているのは、大阪市内に本社を置く日用品製造R社。同社は大手100円ショップやドラッグストアと取引がある。R社は数年前に東京・六本木で大規模な地上げを手がけ、数十億円の利益を上げた。  

 ところが、この地上げに絡んでR社が多額の売上除外を行なったほか、杜撰な経理処理をしたことで数億円の課税所得が隠匿された疑いが昨年になって浮上した。事情をよく知る別の会社経営者Nが昨年夏、大阪国税局に詳細な資料を持ち込んでR社の所得隠しを告発したのが発端だった。

......続きはZAITEN11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

つくばエクスプレス「偽りのベースアップ」に現場の怒り

大幸薬品「サンプル薬を社員に〝毒見〟」の異常倫理

【特集3】読売新聞「販売局・矢ヶ崎独裁強化」で販売店悲鳴

【特集3】産経新聞「販売局の裏金疑惑」証拠資料を入手‼

【特集2】宝飾大手ナガホリ「株主還元問題」でゴタゴタ継続中

【特集2】2024年株主総会「アクティビスト」最新動向

【特集1】みずほ「コンプラ崩壊」現場から怨嗟の声続々‼

スペースワン「ロケット爆発」でも懲りない豊田社長の来歴

ダイキンの「PFAS垂れ流し疑惑」報じない忖度マスコミ

議決権行使助言会社に存在意義なし