ZAITEN2023年12月号

ジャニーズ会見の裏側、主要メディアの内情、岸田政権の断末魔…

特ダネ記者「放言座談会」

カテゴリ:インタビュー

 9月7日の記者会見からおよそ1カ月、10月2日に2度目の記者会見に臨んだ旧ジャニーズ事務所ですが。

 社名変更のプロセス、所属タレントとの今後の関係や会社の運営方針、被害者救済等が公表されたわけだが、どれもしっくり来るものではなかったな。

 何よりも9月の会見でも鋭く切り込んだ記者らと事務所側との司会進行を無視した応酬、それを収拾しようとする井ノ原快彦の発言、さらにはその井ノ原の振る舞いに記者側から賞賛の拍手が巻き起こるなど異常な会見でした。

 会見後にはそもそも一部の記者への指名を避けるために作られたとみられる〝指名NGリスト〟の存在まで発覚。

 事務所は関与を否定し、会見運営を担当したFTIコンサルティングも全面的に自分たちの責任だと認めていますが、事務所が直接的な指示を出したにしろ、コンサルが忖度したにしろ、どちらであっても事務所と彼らを取り巻く企業との関係性は依然として不健全と言わざるを得ない。

 背後にいる西村あさひ法律事務所の存在が気になるところ。そもそも、FTIを事務所に紹介したのは、2度の会見にも登場している西村あさひ所属の木目田裕弁護士。

 事務所のCCO(チーフコンプライアンスオフィサー)である山田将之弁護士も西村あさひのOBです。

 事務所のプレスリリースによると、西村あさひと事務所の関係はかなり昵懇の模様です。

B ただ、事務所や藤島家の財産管理でみずほ銀行が紹介したのは別の大手法律事務所の弁護士とのこと。今後の事務所のカネをめぐって大手法律事務所同士の主導権争いがはじまりそうです。

C 西村あさひの木目田に対しては某有名ジャーナリストが、事務所の記者会見に関連して懲戒請求を行ったようだ。この進捗も気になるところ。

A 今後気になるというと、平成の視聴率男こと木村拓哉も今回の騒動で株を暴落させましたが、事務所との関係が気になるところ。

.....続きはZAITEN12月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

神戸郁人「美辞麗句に隠れた『啓発ことば』の正体」

経済学者 野口悠紀雄「自民党の裏金問題は脱税だ」

特ダネ記者「放言座談会」

【著者インタビュー】メディアはなぜ左傾化するのか

佐高信 vs. 田村智子「ズル賢い自民党と正論で対峙する」

【特集3】新聞記者座談会「阿鼻叫喚の報道現場」

佐高信 vs. 倉重篤郎「自民党劣化の元凶は世襲政治にあり」

【著者インタビュー】ベーシックサービス「貯蓄ゼロでも不安ゼロ」の社会

特ダネ記者「放言座談会」

三宅芳夫「民主主義は『スラップ訴訟』に屈してはならない」