ZAITEN2024年01月号

scopeZ

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品

カテゴリ:企業・経済

インスタントラーメンの製造販売メーカーであるエースコック(大阪府吹田市)。〈Cook happiness おいしい しあわせ つくりたい〉を企業スローガンに掲げる同社が、10月16日、食品ロス削減に貢献できる商品として「もったいないをおいしいに 陸奥の鯖だし魚介醤油ラーメン/陸奥の鯖だし濃コク味噌ラーメン」の発売を発表した。  

 同社のプレスリリースによれば、青森県八戸港で水揚げされた食用として利用されにくい魚体の小さい未利用鯖をエキスとしてスープに活用した製品としている。また、開発背景として、サステナブルな社会の実現を目指したSDGs(持続可能な開発目標)の観点も掲げている。  

 本製品で使用されたと見られる未利用魚とは、魚体サイズが小さく、本来の食用利用がされにくいため市場流通しにくい値段の付かないような魚を指す。  

 同社の説明によれば、総水揚げ量の約3割以上が未利用魚に当たるとしており、貴重な水産資源の損失であると指摘する。つまり、本製品は本来水産資源の損失であった未利用魚を活用した製品であるから、食品ロス削減に貢献し、水産資源の持続可能性にもつながるというわけである。  

 

......続きはZAITEN1月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

「日本を蝕む製薬企業」の闇

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品

木原みずほ「メタバース市場参入」の誇大妄想

国策半導体「ラピダス」巨大工場「IIM‐1」建設に人手不足の懸念

東京電力「原発国策会社化」計画の白昼夢

SBI生命「小野社長独裁人事」で社内崩壊

読売新聞「販売店の惨状浮き彫り」ジリ貧の現在地