ZAITEN2024年01月号

ZAITEN SIGHT

木原みずほ「メタバース市場参入」の誇大妄想

カテゴリ:企業・経済

「次世代金融への挑戦」を掲げる社長の木原正裕(1989年、旧日本興業銀行入行)の号令一下、みずほフィナンシャルグループ(FG)が仮想空間、メタバースでの決済サービスや、AI(人工知能)を使った新融資サービスなどデジタル金融事業を次々とぶち上げている。  

 リアル金融の世界で「メガバンク万年3位」が定着する中、木原は汚名を晴らすべく、「デジタルの世界で圧倒的に先行し、三菱UFJFGや三井住友FGを凌駕するトップバンクに躍り出る」と部下に発破をかけているという。しかし、メタバース市場は期待先行が実情で、米ビッグテックのメタ(旧フェイスブック)でさえ収益化できていない。システム障害を繰り返す「IT音痴」の銀行がいくら力んでも「下手の横好き」に終わるのは容易に想像できる。

......続きはZAITEN1月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

「日本を蝕む製薬企業」の闇

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品

木原みずほ「メタバース市場参入」の誇大妄想

国策半導体「ラピダス」巨大工場「IIM‐1」建設に人手不足の懸念

東京電力「原発国策会社化」計画の白昼夢

SBI生命「小野社長独裁人事」で社内崩壊

読売新聞「販売店の惨状浮き彫り」ジリ貧の現在地