ZAITEN2024年06月号

大谷翔平「元通訳」の賭博スキャンダル、 小林製薬事件、某会長が元愛人に手切れ金…

特ダネ記者「放言座談会」

カテゴリ:インタビュー

 ドジャース・大谷翔平の元通訳の水原一平の賭博事件が、世界の野球界における空前絶後の大スキャンダルに発展していますね。

 賭博の負債返済のために、水原が大谷の銀行口座から金を盗んだという当初の報道から目まぐるしく二転三転していったな。

 野球ファンのみならず、日本社会全体も当世の英雄が絡む事件の顛末を固唾を飲んで見守るといった印象が強かったですね。

 世間が事の真相と当事者たちの動向を注視するなか、その裏でもさまざまな動きがあり、大谷の表裏二刀流の影響力の大きさをまざまざと見せつけられました。

 財界では財閥系メガバンクが大谷を広告キャラクターに起用していたことで、今回の賭博問題では相当頭を抱えているようです。

 エンゼルス時代から続く両者の関係だが、そもそもドジャース移籍が決まった段階で、同行からすれば相当手痛い移籍だった。

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

佐高信 vs. 倉重篤郎「自民党劣化の元凶は世襲政治にあり」

特ダネ記者「放言座談会」

三宅芳夫「民主主義は『スラップ訴訟』に屈してはならない」

真山 仁「『ハゲタカ』の作家に学ぶ〝疑う力〟 」

野田佳彦「政治家は〝歌舞伎役者〟ではない‼」

【著者インタビュー】「池田大作と創価学会」

鈴木宣弘 脱・「今だけ、金だけ、自分だけ」

特ダネ記者「放言座談会」

佐高信 vs. 森 達也「傍観を続けるメディアに存在価値なし」

西野智彦「アベノミクスの熱狂は幻想だった―金融政策への過大評価から目覚めよ」