2021年07月号

株主総会後に“謎の突如退任”

日本ペイントから遁走「元三菱UFJFG副社長」田中正明の負の遺産

カテゴリ:企業・経済

 三菱UFJフィナンシャル・グループ元副社長で、「喧嘩マサ」などとして知られた名物バンカー田中正明が、2019年3月に就任したばかりの東証1部日本ペイントホールディングスのトップから今年4月末、突如退任した。  

 会見では「自らの経営上の体力や年齢という事実に向き合う必要がある」「年初来、何度か体調を崩してしまいました」と述べた。そもそも会長に就いた時点で60代半ば、体調が悪いならばなぜ、3月下旬の株主総会で社長兼CEO(最高経営責任者)に再任したのか......。腑に落ちない点は多い。  

 田中は18年7月、当時の日ペ株の4割を握るシンガポール投資会社ウットラムの代表ゴー・ハップジンの誘いで、指名報酬委員会アドバイザーに就任。その頃は産業革新投資機構の社長だったが、同12月の"喧嘩"の末、退任。19年3月に日ペ会長となり、昨年1月からは社長CEOだった。

......続きは本誌2021年7月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

三菱UFJ銀行「旧三和役員」が"固めの盃"

日本郵政「増田追放・横山復活」社長挿げ替えの策謀

日本企業「ミャンマー軍政」加担の言い分

グーグル「セールス部門はコテコテの日本企業」という職場

明治HDを切り刻む「川村"かばん持ち"社長」の独裁

日本製鉄「史上最高益」の線香花火

山口FGを"タマ"にする金融庁の筋悪

【特集】「マダム社外取締役」の優雅な日常

【特集】緊急調査「女性社外取締役・監査役」224人リスト

三菱電機「人命よりカネ」の強欲役員たち