ZAITEN2021年10月号

安倍晋三を永久追放せよ

【特集】田村智子インタビュー「逃げの安倍」は証人喚問で きちんと疑惑を説明なさい

カテゴリ:政治・国際

2110_田村智子.jpg田村智子 日本共産党参議院議員

 安倍晋三さんが総理に返り咲くこともあり得る、などとの声も聞きますが、再々登板云々の前に、「ちゃんと国会に出てきなさい!」と申し上げたいです。

 先日、「桜を見る会」の疑惑について、検察審査会が「不起訴不当」と議決しました。仮に検察の再捜査の結果、起訴できなかったとしても、この問題は決して終わったことにできません。総理大臣による公職選挙法違反という前代未聞の疑惑について、何ひとつまともに答えていないからです。

 地元後援会による前夜祭費用の補填は、どう考えてもご自身のポケットマネーでしょう。安倍さんはきっと、「地元の有権者を呼んで何が悪い、瑣末な話だ」と思っています。しかし、パーティー費用の補填が法律上問題ないということになれば、公職選挙法の意味がなくなってしまう。金権政治を無制限に許すことになるのです。

 ところが、安倍さんは総理の肩書を外して、疑惑の追及から逃げ続けています。再び表舞台に出ようというのなら、どうぞ。まずは当然、国会での証人喚問ですよ。  

 昨夏、健康問題を理由に辞任したことについては、安倍政治に対する私たちや市民の皆さんの怒りがボディブローのように効いて、また新型コロナ対策が思うようにいかず、安倍さん自身が政権維持に対してやる気をなくした部分がある。それは確かだと思います。

 しかし、安倍さんが「桜を見る会」問題などの責任をとって総理を辞めたのとは違いますよね。「身体を壊すまで頑張った」という演出をし、まるで有終の美を飾るかのような会見をして政権を放り出した。そんな辞め方をした人に、一部から「待望論」が出ているというのは、私には信じられません。

 若い世代の中には、物心ついた時から第2次安倍政権だった人も少なくないでしょう。今の菅義偉首相の酷さを目の当たりにして、「安倍さんのほうがマシだった」と思う人がいるかもしれませんね。そうした皆さんには「アベノマスクを思い出してください」と言いたい。私の家でもそうですが、まだ捨てずに押し入れの中にとってある人も多いはず。私は政府による歴史的愚策の物証として大事に保存しています。

◆プロフィール◆

たむら・ともこ――日本共産党参議院議員。1965年生まれ。早稲田大学卒業。日本民主青年同盟中央常任委員、日本共産党石井郁子衆院議員、同井上美代参院議員の秘書などを経て、2010年に比例代表で初当選。現在党副委員長、党政策委員長。内閣委員。

......続きは「ZAITEN」2021年10月号で。



購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

古谷経衡 プーチンを絶賛する「ネトウヨ」の怪異

予算採決を欠席した「維新」国対委員長の大甘処分

立憲民主「外環道陥没事故」追及が緩いワケ

観光庁を手玉に取る「東京女子大学・矢ケ崎紀子教授」

古谷経衡 亡国の政治家「石原慎太郎」の信心

【永田町ヒショヒショ話】2022年04月号

片山さつきが唱える「令和の大徳政令」

古谷経衡 岸田文雄を〝呪詛〟するネトウヨ文化人

適菜収「永遠の児童・安倍晋三の野放しこそ有事」

【新春対談】佐高信 vs.辻元清美「バッジを外して初心に戻る!」