ZAITEN2022年02月号

佐藤会長、坂井社長、藤原頭取ら辞任…そして誰もいなくなる。

【特集】みずほの「成れの果て」

カテゴリ:企業・経済

2202_特集1 みずほ_扉.jpg

11月末、みずほフィナンシャルグループにようやく金融庁の行政処分が下った。システム障害を多発させたみずほ銀行を断罪する内容だったものの、遅きに失したという他ない。本誌は再三にわたって、みずほのガバナンス問題を取り上げてきたが、その核心は日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行の旧3行の内部対立である。そして、不祥事を奇貨としてグループ支配を確立した旧興銀勢の横暴がみずほの崩壊を招き、お飾りの社外取締役たちがそんな歪な支配に正当性を与えてきた。トップたちの退場で果たして、朽ちたメガバンクは再生するのか――。悲観的にならざるを得ない。

【ラインナップ】

旧興銀支配10年 みずほの成れの果て

みずほ佐藤康博「財界活動自粛1カ月」のツラの皮

誰も追及しない「みずほ社外取締役」の大罪

みずほ「取材が入ったら即撤去」支店の故障時計

WANTED「急行争いはウソ」と豪語したみずほ元広報部長

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】みずほの「成れの果て」

【みずほ特集】「旧興銀支配10年」の成れの果て

【特集】不正企業を暴く「内部告発」の刃

富士急ハイランド「事故多発」に堀内家支配

【内部告発特集】改正「内部告発者保護法」の知られざる中身

株主を惑わす「一体型委任状」の姑息

日立「原発復権」にタマはなし

三菱自動車・加藤社長「大株主に唯々諾々」の惨状

【特集】岸田政権「まやかしの経済安保」

三菱自動車「パジェロ」中国輸出が大頓挫