2021年05月号

3度目の「システム障害」の陰で……

【特集】みずほ「泥船沈没」の壮絶現場

カテゴリ:TOP_main

2105_mizuho_front2.jpg

かつて、みずほ銀行広報は本誌に「旧行内紛などでっち上げだ!」と豪語した――。それから10年弱。確かに、旧行内紛は次の次元「旧日本興業銀行主流派vs.非主流派」という旧興銀勢同士が相食む構図になったようだ。

しかし変わらないのは、ほぼ10年周期に「システム障害」を引き起こす預金者・取引先不在の経営である。

そして、今、その病身を新たな病理が蝕んでいる。「行員を人と思わない」粛清の経営だ。自然減、働き方改革などと甘言を弄して首脳部が「1万9000人リストラ」をテーゼに掲げる真意は、"不要な者"たちは船を降りて海に飛び込め、ということに他ならない。

結果、みずほの現場は各行員が自らの生存に汲々とする「万人の万人に対する闘争」といった様相を呈しているようだ。だが、そのみずほそのものが〝泥船〟であることはもはや明白――。泥船沈没の壮絶現場を報告する。

【ラインナップ】

みずほ「佐藤会長vs.坂井社長」の醜悪内紛で"沈没"の必然

中堅・若手にパワハラ三昧......みずほ「ブラック職場」極まれり

興銀出身常務への"お願いメール"送信で......みずほ行員「自宅待機5年」退職強要の戦慄

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】NHK「公共放送」の大嘘

【特集】みずほ「泥船沈没」の壮絶現場

【特集】東京オリンピック「なぜ『中止』と言えない!?」

【特集】コロナに笑う「便乗企業」

【特集】大手企業「ハラスメント」の実態

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営