2021年06月号

公共放送接待担当者たちの「仕事の流儀」とは―。

【NHK特集】NHK渉外グループ「永田町・総務省」接待の流儀

カテゴリ:企業・経済

 東北新社やNTTによる総務省幹部への接待が問題視されているが、「NHKも他人事ではない」とNHK幹部は明かす。では、どのような〝接待攻勢〟をかけていたのか、解き明かしていこう。

 まず接待に当たっているのはNHKの経営企画局にある通称「渉外」と呼ばれる部隊。そのうち、「渉外グループ」は国会議員、「制度グループ」は総務省をターゲットにしている。

 このうち渉外グループは、与野党問わず衆参総務委員会メンバーを対象に通年で接触。NHK予算の審議前には「予算説明」と称してもてなし、承認後には「NHKへの理解を深める」との名目で感謝の宴が開かれる。

 当選回数でランク分けし、対応する人数と予算を決めている。中でも首相を含む閣僚経験者には、最上級の宴席が催される。東京・赤坂の料亭がよく使われ、もちろん予算の上限はなし。NHK側の出席者も10人を超えるという。

 次に厚遇するのが、自民党の旧郵政族(総務)族議員たちだ。予算審議の前後はもちろん、暑気払いに忘年会、季節ごとのご機嫌伺いなどで頻繁に接待している。

 こうした席には渉外グループの職員のほか、政治部出身の幹部も加わり、まさにNHKを挙げてのおもてなし。こちらも予算に上限はないが、平時は10万円弱くらいというのが暗黙の了解だ。

......続きは「ZAITEN」2021年6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

みずほ「自宅待機行員」給与改竄の末に"解雇通知"【5/29無料公開】

武田薬品が恐れる「ドル箱抗がん剤欠品」患者訴訟【6/4無料公開】

【株主総会特集】"番犬"も逃げた「東芝」臨時総会"敗戦"の内幕

日本ペイントから遁走「元三菱UFJFG副社長」田中正明の負の遺産

三菱UFJ「半沢頭取をガン無視」三毛チルドレンの横暴

百十四銀行「かぼちゃの馬車」と綾田頭取の"コロナ接待"

三菱商事「商社4位転落」垣内社長の焦燥と"次期社長"の鼻息

小林喜光会長就任で経産省が焦る「東京電力」解体シナリオ

【株主総会特集】"村上世彰氏の天敵"太田洋弁護士が解説する「株主総会はこうなる」

【株主総会特集】「バーチャル総会」は経営陣の隠れ蓑