2021年06月号

五輪聖火リレー動画の〝音声消去〟が表すNHKの忖度

【NHK特集】「公共メディア」とは程遠い現状と構造問題

カテゴリ:企業・経済

 メディアを取り巻く環境は激変しており、放送業界はデジタル企業への変革を余儀なくされている。それは「みなさまのNHK」も例外ではない。

 本稿では私の古巣であるNHKへのエールの意味も込めて、NHKを取り巻く様々な「構造問題」を論じていきたい。

 NHK局内会議にて報道局長が職員を前に、「テレビの時代は終わる」と話したのは2016年のことだった。動画配信サービスが台頭し、人々の生活に定着した現在、NHKのライバルは朝日新聞や日本テレビだけではなく『ネットフリックス』『アマゾン』『ディズニー』はもちろん、『LINE』『TikTok』もライバルである。これらすべてが、1台のスマホ上で起きている競争である。

 こうしたデジタル時代にNHKはどうあるべきか。昨年10月、報道局所属のデスク有志3人が書いた内部文書《NHKイノベーションリポート 目指すべき公共メディア像》が一部で話題を呼んだ。

 報道領域でデジタル戦略を牽引してきた3人が、31頁に及びNHKの変革の必要性を訴えている内容だが、NHKがデジタル時代に対応するための論点が整理され、ジャーナリズムから人事まで、広くカバーされている。『ヤフー』『スマートニュース』『文春』などの他のメディアも研究した上で、NHKとしてとるべき打ち手を提言している点が興味深い。「目指すべきは1億人のためのパーソナライズ」「もはやあらゆる伝送路を使うしかない」という提言は、およそ「みなさまのNHK」からは想像がつかないものである。〈公共性を高めるネットフリックス〉と題された箇所では、ネットフリックスについて「公共メディアとしての座を脅かす存在になりかねない」と危機感を率直に綴っている。人材育成のあり方についても「イノベーションを起こすための人事」「辞めやすく、戻りやすい制度に」として、NHK内だけではなく、他のメディアなども含む「外」との行き来(回転扉)がNHKを活発化させ、前進させると訴える。

......続きは「ZAITEN」2021年6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

みずほ「自宅待機行員」給与改竄の末に"解雇通知"【5/29無料公開】

武田薬品が恐れる「ドル箱抗がん剤欠品」患者訴訟【6/4無料公開】

【株主総会特集】"番犬"も逃げた「東芝」臨時総会"敗戦"の内幕

日本ペイントから遁走「元三菱UFJFG副社長」田中正明の負の遺産

三菱UFJ「半沢頭取をガン無視」三毛チルドレンの横暴

百十四銀行「かぼちゃの馬車」と綾田頭取の"コロナ接待"

三菱商事「商社4位転落」垣内社長の焦燥と"次期社長"の鼻息

小林喜光会長就任で経産省が焦る「東京電力」解体シナリオ

【株主総会特集】"村上世彰氏の天敵"太田洋弁護士が解説する「株主総会はこうなる」

【株主総会特集】「バーチャル総会」は経営陣の隠れ蓑