2021年07月号

株主の“愛”のムチ、盟友の“裏切り” 、そして株主から逃げる経営者たち

【特集】愛と裏切りの「株主総会」

カテゴリ:企業・経済

2107特集扉_株主総会.jpg

株主と経営陣が唯一対峙する場、それが「株主総会」である。しかし日本企業では長く、如何に株主総会を〝シャンシャン〟で終わらせるかが、経営者の力量のメルクマールとされてきた。しかし、アクティビスト(物言う株主)の台頭でそのような総会の光景も一変しつつある。図らずもそれを露呈したのが、かつての名門企業で、いまや国策の具に堕した東芝の総会に他ならない。超名門企業から地方の一族経営企業まで、株主総会の裏側を追った――。

【ラインナップ】
◆コロナ「バーチャル総会」は経営陣の隠れ蓑

◆"番犬"も逃げた「東芝」臨時総会の敗因

◆日本株「アクティビスト」の百花繚乱

◆村上世彰の天敵「太田洋弁護士」が語る株主総会の今

【愛と裏切りの「株主総会」ワイド企画】
■「紳士服のはるやま」姉が弟社長に"退場"要求の株主提案

■日本アジアグループ「強欲MBO」は村上ファンドに軍配

■天馬経営陣が払った「株主総会対策5億円」の過剰防衛

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

みずほ「自宅待機行員」給与改竄の末に"解雇通知"【5/29無料公開】

武田薬品が恐れる「ドル箱抗がん剤欠品」患者訴訟【6/4無料公開】

【株主総会特集】"番犬"も逃げた「東芝」臨時総会"敗戦"の内幕

日本ペイントから遁走「元三菱UFJFG副社長」田中正明の負の遺産

三菱UFJ「半沢頭取をガン無視」三毛チルドレンの横暴

百十四銀行「かぼちゃの馬車」と綾田頭取の"コロナ接待"

三菱商事「商社4位転落」垣内社長の焦燥と"次期社長"の鼻息

小林喜光会長就任で経産省が焦る「東京電力」解体シナリオ

【株主総会特集】"村上世彰氏の天敵"太田洋弁護士が解説する「株主総会はこうなる」

【株主総会特集】「バーチャル総会」は経営陣の隠れ蓑