ZAITEN2022年03月号

ユニクロ、 任天堂、 キーエンス、 SMC、 東京エレクトロン…

【特集】「個人投資家お断り」 企業の言い分

カテゴリ:企業・経済

2203_特集トビラ_p014.jpg

 現在、上場企業の単元株数は100株に統一されているが、東証がその最低投資価格(投資単位)を「5万円以上50万円未満」と定めていることをご存知だろうか。あくまでも"努力目標"という位置付けだが、個人投資家が株式市場に参入しやすくする措置に他ならない。「貯蓄から投資へ」の掛け声が国是となって久しい。そんな中にあって、いまだ投資単位の引き下げに応じない上場企業があるのだ。その中には「ユニクロ」のファーストリテイリングや任天堂、ニトリ、ソニーといったBtoC企業も含まれ、これらの株式を購入するためには最低でも数百万円の資金が必要で、その不作為には「個人投資家は株主になってもらわなくて結構」という本音すら透ける。努力目標なら無視する―そんな上場企業にあるまじきコンプライアンス意識を糺す。

【ラインナップ】

◆ユニクロ「投資単位引き下げず」の開き直り

◆「最低投資額高額企業」アンケート一覧

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

ヨシモト城下町ルポ「大阪支配」の現在地

【特集】〝政商〟吉本「増殖する公共利権」演出のキーマン

【特集】吉本興業「笑えない」政〝笑〟軍団

三菱自動車「加藤社長はゴルフ三昧」の暗澹

【特集】「電力崩壊」の戦犯たち