ZAITEN2022年06月号

日本の大学研究を阻害する予算削減の愚

【特集】米コロンビア大「知日派留学ビジネス」の黄昏

カテゴリ:企業・経済

 ジャパン・アズ・ナンバーワン」はいまやすっかり昔話だが、その〝残像〟を一手に引き受け、日本の政財界との太いパイプを築いている研究機関が米コロンビア大学にある。コロンビア・ビジネススクール附属の「日本経済経営研究所」(CJEB)だ。

 日本経済の研究者として知られる同大名誉教授のヒュー・パトリック氏が1986年に立ち上げた組織で、知日派のジェラルド・カーティス名誉教授も参加。これまでに多くの官僚、一流企業社員、大学の研究者、メディア関係者が組織派遣の「Visiting Scholar」、即ち「客員研究員」として在籍し、そこから得られる人脈と資金から運営費を捻出、一方で同窓会組織など一定のコミュニティを維持してきた。

 CJEBのホームページ(日本語版)には〈日本経済・経営システムについての理解促進と啓蒙を目指した様々な活動を続けています〉〈北米の大学機関では、これらの分野に特化した研究を続ける唯一の研究所として、教授陣による研究活動に加え、年次カンファレンスをはじめとする日本経済・経営・金融等に関する講演会やシンポジウムをニューヨーク及び東京にて毎年開催〉とある。新型コロナウイルス禍前に開催されていたカンファレンスは多くの日本企業がスポンサーについており、過去には安倍晋三元首相や麻生太郎元財務相も登壇した。


 2020年以降は世界各国の視聴者を対象としたウェブセミナーも主催。プログラムは現所長のデービッド・ワインシュタイン教授と伊藤隆俊教授が計画、金融庁長官退官後にコロンビア大で教鞭をとった森信親氏も協力している。22年以降も東京証券取引所の山路裕己COO(最高執行責任者)や、東京海上ホールディングスの小宮暁CEO(最高経営責任者)による講演などを行っている。

......続きはZAITEN6月号で。




購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

日本製鉄「USスチールに2兆円」空中分解必至の無謀な「巨額買収」

植田日銀が画策する「福井元総裁並み」利上げ

JT ロシアに4000億円納税する「世界最大の戦争支援企業」

日本郵政・増田社長「料金値上げ」の経営失策

エネオス社内で囁かれる「脱・杉森」クーデター説

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

「日本を蝕む製薬企業」の闇

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品