ZAITEN2023年05月号

美人ホステスと「同伴」報道

【特集3】日銀・植田和男キャバクラ新総裁の前途多難

カテゴリ:企業・経済

「誰がやっても難しい、厳しい状況。それがかえって私には非常にチャレンジングな(やりがいがある)仕事。挑んでみたい」

 4月9日に経済学者出身者として初めて日銀総裁となる植田和男(71)は2月下旬の総裁候補としての国会での意見聴取でこう意気込んだ。同じく著名な経済学者で米連邦準備理事会(FRB)議長を務めた元米プリンストン大教授のベン・バーナンキになぞらえ「和製バーナンキ」などとマスコミで持ち上げられて名誉欲を刺激されたのか、高揚感に浸っている様子だった。

 だが、そんなお目出度い状況も長くは続くまい。前任総裁の黒田東彦(1967年旧大蔵省、元財務官)が10年間もの長きにわたり続けた異次元緩和で、金融政策は国の借金を穴埋めする財政ファイナンスや株価対策の道具と化した。足元で債券市場の機能不全や円相場の急変動など副作用が噴出する中、植田日銀の至上命題は異次元緩和の手仕舞いとなるが、一歩間違えば経済・財政危機を引き起こしかねず、「何をしても批判される運命」(財務省筋)が待ち受けているからだ。今は「学者総裁」誕生に歓迎ムードの岸田文雄官邸や与党、市場関係者も金融政策の手綱捌きでちょっとでもミスれば一転して「やはり学者では務まらない」と攻め立ててくるだろう。「若い頃はイケメンで鳴らし、女性にモテた」と自任する植田にはスキャンダルのリスクもあり、新総裁を迎える日銀の前途は険しそうだ。

......続きはZAITEN5月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

SBI北尾「令和の政商」に〝高転び〟の予感

LINEヤフー「個人情報漏洩」で露呈した苦肉の合併

「日本を蝕む製薬企業」の闇

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

エースコック「持続可能性」をはき違えた新商品

木原みずほ「メタバース市場参入」の誇大妄想

国策半導体「ラピダス」巨大工場「IIM‐1」建設に人手不足の懸念

東京電力「原発国策会社化」計画の白昼夢

SBI生命「小野社長独裁人事」で社内崩壊

読売新聞「販売店の惨状浮き彫り」ジリ貧の現在地