ZAITEN2023年08月号

広末W不倫、ジャニーズ帝国の最期 週刊誌トップ交代劇、衆院解散裏話…

特ダネ記者「放言座談会」

カテゴリ:インタビュー

 まずはスキャンダルネタで広末涼子のW不倫の話題から。

 もうめちゃくちゃショックですよ。僕は世代的にドンピシャなので。

 ところが大物女優としてのネームバリューにしては、ネットを中心に世論は意外と広末に味方していますよね。

 そのへんは広末のキャラクターがなせるものかもしれない。10代の頃から清楚売りの一方で、本人が奔放なキャラクターとして受け入れられていた。数々の著名人と浮名を流した過去もあり、2度の再婚からも貞淑な妻というイメージはそもそもなかった。

 とはいえですよ。失礼ですが鳥羽周作シェフでもいけるなら、僕でも勝負できる気がしてならない。

 確かに希望をもった30・40代ファンは多そう(苦笑)。

 ちなみにスクープはされませんでしたが、鳥羽シェフの前は有名作家と交際関係があったとか。

 発売前から文春オンラインの速報で耳目を集め、週刊文春では第一報で疑惑として報じる。記者にイラつく広末、追及にシラを切る鳥羽シェフを見事に誌面上で描いていた。不倫関係を認めなかったうえで、トドメの直筆文章を晒し上げる2段構えで言い逃れをさせないのは流石の一言。

 まさに文春砲炸裂でしたね。


.....続きはZAITEN8月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

佐高信 vs. 倉重篤郎「自民党劣化の元凶は世襲政治にあり」

特ダネ記者「放言座談会」

三宅芳夫「民主主義は『スラップ訴訟』に屈してはならない」

真山 仁「『ハゲタカ』の作家に学ぶ〝疑う力〟 」

野田佳彦「政治家は〝歌舞伎役者〟ではない‼」

【著者インタビュー】「池田大作と創価学会」

鈴木宣弘 脱・「今だけ、金だけ、自分だけ」

特ダネ記者「放言座談会」

佐高信 vs. 森 達也「傍観を続けるメディアに存在価値なし」

西野智彦「アベノミクスの熱狂は幻想だった―金融政策への過大評価から目覚めよ」