ZAITEN2023年11月号

【新クレーマーズレポート】第71回

グリコ「健康被害を担保できないチョコレート」

カテゴリ:クレーム・広報

 昨今、睡眠の質を高めることを謳う健康食品が巷に溢れている。それだけ睡眠に悩む人が多いとも言える。  

 そんな健康食品にまつわる読者からのメールが編集部に届いた。 〈寝苦しい夜が続き、なんとかできないかと悩んでいた時、スーパーで「眠りの深さ、すっきりとした目覚め」「睡眠の質を高める」とパッケージに書いてあるチョコレートを見つけました。  

 試しに買ってみて、その夜食べてみましたが、食べてしまった後でふとパッケージの裏面を見ると、心配になるような文言が並んでいました。 「降圧薬を服用している方は医師、薬剤師に相談してください」「疾病に罹患している場合は医師に相談してください」「未成年者、妊産婦及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません」  私だけでなく、チョコレートが好きな幼稚園に通う息子も既に食べており、食べる前に知っていないと困るようなことを後から知って不安になりました。 医師への相談が必要にもかかわらす、裏面に小さく注意書きがあるだけで、万が一、気付かず食べてしまい健康被害が発生したらどうするつもりなのでしょうか。睡眠に効くチョコレートを食べたことでかえって眠れなくなりそうです〉(読者からのメール)

医師への相談が必要

 読者からのメールにあったチョコレートは江崎グリコが昨年の2月から販売している「メンタルバランスチョコレート GABAフォースリープ」のことだ。読者が指摘しているようにパッケージ裏面という目立たないところに「医師への相談」という文言が確認できた。

.....続きはZAITEN11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

グンゼ「下着に縫いつけられた〝紙タグ〟が取れない」

日本ケンタッキー「アプリ改善は事実上〝やる気なし〟」

東海東京FH「回答無視を超える〝神経逆撫で回答〟に唖然」

くら寿司「高速レーンで『お寿司がコロリン』でも広報対応はあっぱれ」

ブリヂストン 消費者を〝ひっかける〟サブスク 「追加料金商法」の姑息

東急東横線 専用車両はガラガラ「混雑悪化Qシート」

横浜銀行 お粗末なミスで「読みとれないQRコード」

アイリスオーヤマ「消費者軽視の言い訳は〝噴飯物〟」

ミスターミニット「下請企業を蹂躙する〝みずほ出身社長〟の横暴」

三井住友信託銀行「手のひら返しで態度一変」