ZAITEN2023年12月号

【ZAITEN REPORT】

SBI生命「小野社長独裁人事」で社内崩壊

カテゴリ:企業・経済

 本誌が既報したSBI生命元役員の暴力事件による退任を発端とする同社社長・小野尚の迷走に歯止めがかからない。本誌11月号では、酒好きの小野が求心力回復を図る目的で開催した懇親会について、社内報のなかで「(自身の)リスク管理の杜撰さが露呈する」と冗談めかして発言したことを皮肉として報じたが、どうやら冗談では済まない様子だ。  

 あるSBI生命関係者は「暴力事件で退任した役員の一件で、小野は北尾から直接〝呼出し〟を受けたそうです」と声を潜める。  

 北尾とは、SBIホールディングス代表取締役会長兼社長の北尾吉孝のこと。時系列を追うと、元役員の暴力事件を報じたのが本誌8月号。発売翌日の7月4日に開催された同社タウンホールミーティングで小野は「暴力事件を起こしたということはなく、この記事は明らかに誹謗中傷の記事」と発言した。しかし、前述の関係者によると、この前後で北尾から呼び出しを受けた小野は「(元役員について)よく調べるべきだった」と北尾に叱責された模様だ。  

 さらに別の同社関係者は「報道を誹謗中傷とか毅然とした対応で臨むと勇んでいたが、結局、元役員は退任することになった。タウンホールミーティングでの強気の発言から一転、7月中旬に行われた幹部向け会議の場では『(元役員の進退について)雑誌社の追求でこれ以上は会社がもたない。この決断をするために3連休は寝ていない』と衰弱しきった発言だったと聞いている」と語る。

......続きはZAITEN12月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至