ZAITEN2024年03月号

もう〝大崎一派〟のガキの使いやあらへんで!!

【特集】吉本興業 岡本社長「松本排斥」で独裁政権樹立

カテゴリ:TOP_main

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志らの「性加害疑惑」を『週刊文春』が最初に報じてから、まもなく1カ月が経とうとしていた1月22日、吉本興業の公式サイトに「当社所属タレント松本人志に関するお知らせ」が掲載された。その内容は、松本の弁護士から報道に関して、「訴訟を提起した旨の連絡を受けた」というもの。松本の代理人弁護士の次のようなコメントが記載された。

〈本日、松本人志は、株式会社文藝春秋ほか1名に対して、令和5年12月27日発売の週刊文春に掲載された記事(インターネットに掲載されている分も含め)に関し、名誉毀損に基づく損害賠償及び訂正記事による名誉回復請求を求める訴訟を提起いたしました〉

 提訴したのは松本個人で、損害賠償請求額は約5億5000万円。事態は法廷闘争に発展した。  

 しかし、週刊文春による報道が始まってから、松本も吉本興業も会見を開かない一方で、松本がSNSで不用意とも言える発信をしていた。  

 まずはその経緯から簡単に振り返ってみたい。

......続きはZAITEN3月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

【特集】大林組「大林剛郎会長」と〝2人の女性〟

【特集】JAL〝ニセJAL〟鳥取社長誕生 赤坂院政で権力闘争再燃

【特集】吉本興業 岡本社長「松本排斥」で独裁政権樹立

【特集】エネオス「コンプラ崩壊」の惨状

【特集】世界に恥を晒す「みずほ」という厄災

【特集1】医療現場のガンと化す「日本医師会」と「厚労省」

【特集】日本の農業を破壊する「JAグループ」と農水族

【特集1】日テレ「ジャニーズ24時間テレビ」強行の罪

【特集1】亡国のみずほ「木原ブラザーズ」