ZAITEN2021年10月号

総裁選候補は手下だらけ「虚妄の安倍待望論」を撃つ!

【特集】安倍晋三を「永久追放」せよ

カテゴリ:政治・国際

2110_扉_安倍.jpg 昨夏、またぞろ〝あの病気〟を理由に「モリ、カケ、サクラ......コロナ」とてんこ盛りの疑惑と課題を残したまま政権を投げ捨てた安倍晋三。8年7カ月にも及ぶ超長期政権のレガシーといえば、売国外交、公文書破棄などが招いた拭い難い政治不信だが、そんな安倍をして「ポスト菅義偉」に推す声もあるというから"寝言は寝て言え"である。しかし、自民党総裁選候補を見れば、菅はもちろん、高市早苗、下村博文、そして岸田文雄といった「安倍の手下」が名を連ねる一方、本人も病気はどうなったのか、『月刊Hanada』界隈にウロチョロ出没して存在感の誇示に余念がない。いずれにせよ、日本を壊した大罪人の復権など言語道断――。安倍晋三を永久追放せよ!

【ラインナップ】

・自民党"一人良識派" 村上誠一郎議員 「『安倍再復活』など言語道断」

・「安倍晋三」を許さない ワイド特集  

◆白井 聡 「選りすぐりのバカを集めて体制化した"愚者の王"」

◆田村智子 「"逃げの安倍"は証人喚問できちんと疑惑を説明なさい

◆倉山 満 「最長政権でも何も出来なかった無能は政界引退すべし」

◆上西充子 「"ご飯論法"を駆使する安倍晋三の"詭弁"を伝えないメディア」

◆立川談四楼 「東京五輪開会式を欠席した"出たがり男"の下心」

◆有田芳生 「拉致被害者を利用して見捨てた"冷血政治家"」

・哲学者・適菜収が振り返る「"67歳児"のウソ・デマ・売国を忘れるな」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

古谷経衡 プーチンを絶賛する「ネトウヨ」の怪異

予算採決を欠席した「維新」国対委員長の大甘処分

立憲民主「外環道陥没事故」追及が緩いワケ

観光庁を手玉に取る「東京女子大学・矢ケ崎紀子教授」

古谷経衡 亡国の政治家「石原慎太郎」の信心

【永田町ヒショヒショ話】2022年04月号

片山さつきが唱える「令和の大徳政令」

古谷経衡 岸田文雄を〝呪詛〟するネトウヨ文化人

適菜収「永遠の児童・安倍晋三の野放しこそ有事」

【新春対談】佐高信 vs.辻元清美「バッジを外して初心に戻る!」