2022年06月号

ゾンビ企業も延命させた「東証改革」に失笑

〝脛に傷〟清田CEOに迫る「東証生え抜き」の乱

カテゴリ:企業・経済

清田group-ceo (2).jpgJPX清田瞭CEO(サイトより)

「まさに羊頭狗肉」―。投資家からこう嘲笑されているのが、東京証券取引所が「60年ぶりの大再編」と喧伝して4月4日にスタートさせた新市場だ。東証の親会社である日本取引所グループ(JPX)CEO(最高経営責任者)の清田瞭(76歳、元大和証券グループ本社会長)は、上場基準の厳格化などを挙げて「選ばれる市場を目指した」と力説するが、東証1部銘柄の8割以上がプライムに移行する〝骨抜き〟となった。JPX内では「既得権益を死守しようと蠢く上場企業や政治家に押し切られるばかりのトップを戴いたゆえ」(東証幹部)と嘆く声が漏れる。「再編を花道に退いてくれれば......」という願いも空しく、トップ8年目に突入した清田は、新たな3カ年の中期経営計画も自らの手でつくるつもりというから、その権力欲には恐れ入る。


「ゾンビ・プライム」市場


「投資家に魅力的な市場になっているか、点検を続ける」
 4日朝の新市場取引開始前のセレモニーで清田はこう強調した。「玉石混交」「看板の掛け替え」との批判を意識したのかも知れないが、詰めかけた証券会社関係者や機関投資家らの間にはシラケた空気が充満した。結局、同日の日経平均株価(終値)の上げ幅はわずか70円(0・25%)。「ご祝儀相場」は空振りもいいところだった。

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】大学と企業とカネ

【特集】客員・特任教授「実務家教員」のカラクリ

【特集】米コロンビア大「知日派留学ビジネス」の黄昏

【特集】国立大学を操る「経営協議会」学外委員リスト

【特集】大学10兆円ファンドを主導する「学者政商」の正体

EY新日本が顧問に招いた「元金融庁幹部」の〝不都合な過去〟

暗号資産「ビットフライヤー」身売り騒動の陰に〝外資リスク〟

ポーラ鈴木会長が宣う「業績に不満な私は障害者」

〝脛に傷〟清田CEOに迫る「東証生え抜き」の乱

IIJ鈴木幸一会長「高級官僚漁り」の晩節