ZAITEN2022年04月号

JR東海〝病身説〟葛西敬之が「雑誌登場」にどよめき

カテゴリ:企業・経済

 JR東海の「上皇」こと名誉会長、葛西敬之が月刊『文藝春秋』3月号(2月10日発売)の鼎談企画に登場し、関係者を少なからず驚かせた。というのも、昨年末頃から「葛西危篤説」が流れ、水面下で担当記者が裏取りや予定稿の見直しに奔走していたからだ。

 曰く「意識不明でいつ逝去してもおかしくない」、曰く「命に別状はないが、携行用の酸素吸入器の管を鼻につないでいて、人前に出るのは困難」―こんな情報が乱れ飛ぶ中での誌面登場。

......続きはZAITEN4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至