ZAITEN2022年04月号

新原浩朗に唆されて「岸田首相」のスタートアップ熱

カテゴリ:企業・経済

 看板政策の「新しい資本主義」に実態が伴わず、焦りを深める首相の岸田文雄が、俄かにスタートアップ企業新興に熱を上げている。振り付けたのは「菊池桃子の夫」こと、内閣審議官の新原浩朗(1984年旧通商産業省)だ。安倍政権の退陣とともに「終わった人」(霞が関筋)となったはずだったが、岸田肝いりの「新しい資本主義実現本部」事務局長代理としてしぶとく生き残り。「古巣の経済産業省の権限を資本市場に広げようと、首相を盛んに唆している」(金融庁筋)。  スタートアップ企業の新規上場を巡って、新原はかねて「証券会社が株式公開価格を一方的に低く設定し、成長に必要な資金調達を妨げている」と主張。政府の成長戦略取りまとめ役としての立場も利用し、昨年6月に閣議決定された「成長戦略実行計画」に是正の必要性を訴える文言をねじ込んだ。

......続きはZAITEN4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至

エネオス「脱・日石支配」偽装の新経営体制

【特集】JR東日本を蝕む「喜勢リスク」と〝2人の老害〟

【特集】JR東日本を蝕む「喜勢リスク」と〝2人の老害〟

【特集】大林組「大林剛郎会長」と〝2人の女性〟

三井住友信託「CBJ問題」で旧住信支配の終焉

レゾナックHD髙橋秀仁社長の横暴に人心乖離