ZAITEN2023年04月号

【あきれた広報実話】不定期連載 第50回

キリンビバレッジ「子会社の不始末を親会社が謝罪」

カテゴリ:クレーム・広報

 本誌は、世間の記憶にも新しい「トロピカーナ 100%まるごと果実感 メロンテイスト」の景品表示法違反について取材するため、販売元であるキリンビバレッジの代表番号に架電した。

 最初に南氏。雑誌の取材で広報の担当者に質問状を送りたい旨を伝えたところ、担当部署はマーケティング部であると言われ、教えられた番号を控え電話を切った。その後、すぐ案内されたマーケティング部に架電したが電話は繋がらず、この日は取材ができなかった。17時をまわっていたため、出払っていたのかと思ったが、それなら繋がる番号を案内すべきだと思いつつ、この日はあきらめるしかなかった。

 翌朝10時に再度マーケティング部に架電した。だが、この時も一向に繋がらなかったため、再びキリンビバレッジの代表番号に架電した。

 今度は田中氏が対応。マーケティング部に架電したが繋がらなかったことと、取材で広報の担当者に質問状を送りたい旨を伝えたところ、南氏が間違った部署を案内していたことが判明した。

......続きはZAITEN4月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

東急東横線 専用車両はガラガラ「混雑悪化Qシート」

横浜銀行 お粗末なミスで「読みとれないQRコード」

アイリスオーヤマ「消費者軽視の言い訳は〝噴飯物〟」

ミスターミニット「下請企業を蹂躙する〝みずほ出身社長〟の横暴」

三井住友信託銀行「手のひら返しで態度一変」

社内・OBから大顰蹙 女性社長を傀儡に強権院政

サンドラッグ「取材を勝手に断ろうとする代表電話」

警察庁「回答期日無視などの呆れた広報対応」

ワークマン「〝監修〟を〝コラボ〟と宣伝する図々しさ」

JR東日本「発車メロディの〝改悪〟」で企業広告の違和感