ZAITEN2023年07月号

【インタビュー】河合雅司 未来の年表

河合雅司「歯止めがきかない人口問題は価値観から変えていく外ない」

カテゴリ:インタビュー

未来の年表
人口減少日本でこれから起きること
河合雅司
講談社現代新書/¥920円+税

かわい・まさし―1963年名古屋市生まれ。中央大学卒業後、産経新聞社入社。同社論説委員などを歴任後、一般社団法人人口減少対策総合研究所理事長。高知大学客員教授、厚労省ほか政府の有識者会議委員も務める。著書に『未来の年表』(講談社現代新書)、『日本の少子化 百年の迷走』(新潮選書)など多数。

―上梓のきっかけについて教えてください。

 読者の方から要望が強かったことがきっかけです。出版前に2回増刷がかかり、私の本の中で一番滑り出しよく売れています。  

 今後、マーケットは縮小し、すべての業界が右肩下がりになっていくと予測しています。外国人がほとんど入ってきていない日本の場合、出生数の減少がそのまま総人口の減少に繋がります。人口は過去の出来事の未来投影。今年生まれた子供の数を計算すれば、20年後の20歳人口をほぼ言い当てられます。  

 したがって、国内マーケットの縮小は30年先まではほぼ言い当てられます。また、日本の少子化対策は遅れているというより、ほぼ手付かずだったので、取り返しのつかないところまできています。

......続きはZAITEN7月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

池田清彦「決定的になった日本の凋落〝自己家畜化〟への提言」

佐高信 vs. 石破 茂「石破茂は田中角栄の〝感覚〟を受け継いで決起せよ‼」

【著者インタビュー】俺たちはどう生きるか

特ダネ記者「放言座談会」

特ダネ記者「放言座談会」

【著者インタビュー】『情報公開が社会を変える』

小泉悠「国際秩序を維持するためのウクライナ戦争の出口戦略」

佐高信 vs. 寺田俊治「メディアは『反体制』の人で構成した方が健全だ」

小塚かおる「安倍晋三 vs. 日刊ゲンダイ」

【著者インタビュー】『日本企業はなぜ「強み」を捨てるのか』