ZAITEN2023年09月号

日医工前社長の「財布係」だった北陸銀行出身者

カテゴリ:企業・経済

 8月号で本誌が報じた日医工前社長・田村友一を巡る不正資金疑惑。日医工と関係の深かった北陸銀行の姿勢を疑問視する声も高まっている。田村が実質的に支配する企業を通じて日医工からカネをむしり取る枠組みのキーマンが同行出身の元役員Aだとされるからだ。

「田村の財布係」と日医工関係者が呼ぶAは、1953年生まれで、76年に北陸銀行に入行。同行で支店長や金融公金部長などを務めた後、2006年に日医工に転じた。以後、総務部長、財務部長などの要職を歴任し、執行役員、取締役と出世を遂げ、18年に副社長に就任。日医工が経営悪化で揺れている22年6月に退任するまで、その地位を占めた。  

 企業が融資元の銀行から出向者を受け入れ、管理部門を任せるのはよくある話だが、問題なのは、トップの不正を正すべき立場だったにも関わらず、諫めるどころか、積極的に関与していた疑惑が濃厚なことだ。

......続きはZAITEN9月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟

西武・後藤会長「メンツ優先」の資産〝切り売り〟

三菱商事「垣内会長の娘」の〝縁故採用〟でやりたい放題

日本政策金融公庫「ゾンビ企業延命」の大罪

【特集】金融庁が「あおぞら銀行〝処理〟」で縋る「北尾SBI」

【特集】植田日銀「マイナス金利解除」で待つ〝異次元地獄〟

メディパルHD「共和薬品買収」で業界再編加速

ゆうちょ銀行「老害・池田退任」でも前途多難

LINEヤフー「総務省カンカン」で解体危機

三菱重工「MSJさえ造れない」「H3」成功もロケット市場で惨敗必至