ZAITEN2023年10月号

史上最悪の性加害問題が問われる中、世界中に恥を晒した――

【特集1】日テレ「ジャニーズ24時間テレビ」強行の罪

カテゴリ:TOP_main

 ジャニーズ性加害問題は、ジャニーズ事務所による解決が見えないまま、国連も巻き込んだ〝外圧〟によって関連企業も責任追及される事態に突き進んでいる。  

 今年7月、2011年に国連人権理事会が採択した「国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGPs)」の普及を促すことを目的に設置された同理事会「ビジネスと人権」ワーキンググループ(WG)のメンバーが調査のため初めて来日することが報じられた。WGの来日目的のひとつとして、ジャニー喜多川による性加害を受けたと訴える当事者たちと関係者への聞き取り調査を行うことが判明すると、再度問題は世間からの注目を集めた。8月4日に行われたWGの記者会見では、性加害問題について「同社のタレント数百人が性的搾取と虐待に巻き込まれるという、深く憂慮すべき疑惑が明らかになった」とされ、ジャニーズ事務所をはじめ関係企業に改めて厳しい現実が突き付けられた。

 同会見では批判的な指摘を踏まえたうえで、「私たちはエンターテインメント業界の企業をはじめとして、日本の全企業に対し積極的に人権デューデリジェンスを実施し、虐待に対処するよう強く促す」と続けられた。  

 人権デューデリジェンスとは、企業がサプライチェーンを含めた事業における人権リスク(強制労働など)を特定し、その防止・軽減を図り、取り組みの実効性や対処方法について説明・情報開示するまでの一連の行為のことだ。日本でも、国連指導原則を踏まえ、厚生労働省の旗振りで20年には『「ビジネスと人権」に関する行動計画(2020~2025)』を策定するなど、人権デューテリジェンスが国内経済界において新たな企業倫理となりつつある。  

 WGは、性加害問題はジャニーズ事務所のみならず、取引先等を含めた関連企業、さらにはエンタメ業界全体が当事者であるとして問題解決に対処するよう糾弾したともいえる。

......続きはZAITEN10月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集1】医療現場のガンと化す「日本医師会」と「厚労省」

【特集】日本の農業を破壊する「JAグループ」と農水族

【特集1】日テレ「ジャニーズ24時間テレビ」強行の罪

【特集1】亡国のみずほ「木原ブラザーズ」

【特集】企業と芸能界「タレント広告」リスク

【特集1】2023年「経営者受難」荒れる株主総会

【特集1】JAL赤坂祐二「パワハラ社長」の求心力急降下

【特集1】東洋紡「三菱商事が丸呑み」疑惑だらけの新会社

【特集】岸田「防衛予算バブル」に踊る軍需企業

【特集】なぜ「みずほ」はこれほど嫌われるのか?