ZAITEN2024年02月号

【あきれた広報実話】不定期連載 第59回

産経新聞「裏金疑惑を否定できないあきれた新聞社」

カテゴリ:クレーム・広報

 本誌今号では、産経新聞販売局幹部による裏金疑惑について取り上げた。産経新聞は、2019年と23年に、購読者に過大な景品類を提供したとして、公正取引委員会から景品表示法に基づく措置命令を受けたが、この実態が裏金のスキームではないかと関係者から告発があったのだ(詳しくは本誌P39参照)。

 この裏金疑惑について、本誌は産経新聞東京本社広報室に事実確認の取材を試みた。

 広報室担当者に事実確認の質問状を送りたい旨を伝えると、FAXでも構わないかと言う。ペーパーレス化やデジタル化が当たり前の時代に、旧態依然のFAX送信とはと呆れてしまう。だが、残念ながら多くの公官庁、マスコミは依然としてFAXを愛用する傾向が強く、産経新聞だけを責めるのは野暮だ。  

 言われた通りFAXで質問状を送付したものの、期限までに回答がなかったため、再度、広報室に架電すると、別の担当者だったが、口頭で回答すると言う。  

 ところが、安堵したのも束の間、その回答は〈回答はありません〉というものだった。すべての質問に対してコメントは差し控えるということかと尋ねたが、〈いえ、回答はありません〉の一点張りであった。

......続きはZAITEN2月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

産経新聞「裏金疑惑を否定できないあきれた新聞社」

あきれた広報実話大賞(第10回)読売新聞グループ本社広報部

キレイモ(GFA)未返金の客に営業メールの厚顔

東京メトロ「乗客が困惑する破れた広告」

菊正宗「公共施設で飲酒を煽るような酒には見えない容器」

ダイソー「3年で100件超の誤表示・自主回収 消費者軽視の告知方法」

大塚製薬「青少年の誤解を誘う」カロリーメイトCM

東武鉄道「駅構内で『潰れた店』広告掲示」本誌取材直後に即撤去

クレーマーを助長する「湘南美容クリニック」のイライラ広告

蔦屋書店(CCC)買ってない本をカフェで読めるってヘンじゃない?