ZAITEN2024年06月号

ZAITEN SIGHT

みずほ銀行〝顧客軽視〟で出向先の現場は大混乱

カテゴリ:事件・社会

 みずほ銀行の、ある制度の突然の廃止によって現場関係者が混乱している。  

 突如廃止されたのは「斡旋出向制度」と呼ばれる制度。この制度は、50~55歳の課長~部長・支店長クラスの役職者の希望者を取引先等の外部企業に出向させるというもの。出向扱いは1年程度で、最終的には出向先企業に転籍し、65歳まで役員等を務めることが多いという。  

 現在、出向先に転籍しているあるOBは焦りを滲ませる。 「60代になっても後任の連絡がなく、問い合わせてみると制度自体が廃止されたというから驚いた。廃止の理由は明確にしなかったが、退職者が増加したことで、制度が維持できなくなったようだ」

......続きはZAITEN6月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

スペースワン「ロケット爆発」でも懲りない豊田社長の来歴

ダイキンの「PFAS垂れ流し疑惑」報じない忖度マスコミ

議決権行使助言会社に存在意義なし

GE薬協会長企業「高田製薬」の無責任な火事場泥棒

大谷翔平は「アホ」か「大バカ」か?

オープンハウス「子会社建築事業」の〝悪辣スキーム〟

小林製薬「毒薬サプリ」を生んだ機能性表示食品

三井住友信託銀行〝問題役員〟の背後に旧住信派の影

みずほ銀行〝顧客軽視〟で出向先の現場は大混乱

井川意高の時事コラム『どの口が言う‼』7「老兵はただ消え去るのみ」