2020/10/01

惨状に陥ったメガファーマ

武田薬品で始まった「高額退職金リストラ」

カテゴリ:企業・経済

takeda_iwasaki.jpg

岩崎真人取締役(武田薬品HPより)

 本誌前号で詳報した武田薬品工業。将来を担う若手・中堅人材までを追い出す窮状ぶりだが、7月上旬には国内営業部門の社員を対象に、希望者に対して早期退職や転職を支援する「フューチャー・キャリア・プログラム」の導入を発表している。「変革を支えるための組織力の向上を目的とした人事制度」と銘打たれた同プログラムだが、その実態は40~50代社員の退職強要に他ならない。

 現在、2000人強の営業部門社員から1000人を目標に人員削減を実施する上、コンサルティング会社には、パソナが選定されているという。

 実際、社員面談の現場では、他の経営不振企業と変わらないリストラが進められている。

......続きはZAITEN2020年11月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

パレスホテル「4代目若社長」を襲うコロナ禍

【特集】「経団連」はもういらない!

菅政権に睨まれた「KDDI」に再編の波

コロナ禍企業を弄ぶ「メガバンク」の強欲

日本ペイント田中正明社長「恩返し」の情実

三井住友トラスト「日興アセット」パワハラ黙認

黒田バズーカの混乱は必然だったのか 「政治主導」で漂流する日銀

三菱UFJで続く「半沢直樹なき暗闘」

日本郵政に忍び寄る「利権屋たち」

ヒューリック"無謀"病院計画を「松井一郎」がゴリ押し