ZAITEN2021年12月号

みずほは目こぼし、北尾SBIを増長させる――

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪

カテゴリ:企業・経済

2112特集扉.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像みずほ銀行がシステムトラブルを相次いで引き起こす一方、北尾吉孝率いる"異形の金融王国"SBIホールディングスが新生銀行にかけたTOB(株式公開買い付け)は「敵対的TOB」に発展し異例の事態となった――。その陰には、みずほの長きガバナンス崩壊を座視してきた金融庁の不作為と、SBIが露骨に進める幹部をはじめとする金融庁OBの"天下り"受け入れという作為的な事態が横たわる。果たして、これまでの金融行政に瑕疵はなかったのか――。その"原罪"を検証する。

【ラインナップ】

◆ みずほ「メガ転落」に金融庁の十字架

◆ 天下り先「北尾SBI」とのズブズブ

◆ 財務省・金融庁「再統合」矢野次官の野望

◆ 歴代金融庁長官の「セカンドライフ」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪

みずほ「外貨建て保険」乱売で顧客離反

東京機械製作所「乗っ取り騒ぎ」に強い違和感

【金融庁特集】みずほ「メガ転落」に金融庁の十字架

アイリスオーヤマ「社内クラスター発生」でも洗脳研修

太陽生命「コロナワクチン営業」に"内部告発"が続々

【特集】みずほ処断

【みずほ特集】みずほ「自宅待機で解雇行員」提訴の逆襲

【みずほ特集】坂井クビで「金融庁管理銀行」に一路

太陽生命「ワクチン営業」に会長独裁