ZAITEN2022年1月号

国難を煽る“新利権”に百鬼夜行

【特集】岸田政権「まやかしの経済安保」

カテゴリ:企業・経済

2201_特集トビラ_p014.jpg覇気のない総理、岸田文雄が勇ましくぶち上げた「経済安保」政策。いまや政権の最重要課題のひとつだが、立ち込めるのは新たな利権の臭いに他ならない。新顔の学者政商、公安筋、経産省らが混然一体となって血税はおろか、企業に群がる様はまさに百鬼夜行。しかし、当の仕掛け人の甘利明はご愁傷様にも先の総選挙で小選挙区落選、自民党幹事長から蹴飛ばされ表舞台から消えた。とはいえ、それでも新利権のマシーンが止まることはないが、鳴り物入りで誘致した台湾TSMCの半導体工場については、巨額補助金を巡ってその効用が早くも疑問視される―。国益死守を掲げながら、国富の流出をも懸念させる経済安保の"まやかし"を突く。

【ラインナップ】

◆岸田文雄に「経済安保」を吹き込む悪い奴ら

◆東京機械を免罪した経産省「経済安保」のお題目

◆日本の「データ主権」防衛に当局の弱腰

◆岸田政権でも残留「竹中平蔵」が損なう経済安保

◆半導体工場誘致「TSMC」にカモにされる「経済安保」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

ヨシモト城下町ルポ「大阪支配」の現在地

【特集】〝政商〟吉本「増殖する公共利権」演出のキーマン

【特集】吉本興業「笑えない」政〝笑〟軍団

三菱自動車「加藤社長はゴルフ三昧」の暗澹

【特集】「電力崩壊」の戦犯たち