ZAITEN2022年09月号

ケツモチは「ヤクザ」から「メディア・行政」へ―

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

カテゴリ:TOP_sub

 来年秋のNHKテレビ小説が笠置シヅ子がモデルの『ブギウギ』(NHK大阪)と聞いて驚いた。吉本興業初代会長・吉本せいをモデルとした『わろてんか』では、存在すらも改変され、影も形もなかったからだ。なのに、創業者・吉本家の資産管理会社である「正和吉本」(大成土地)のウェブサイトでは、『わろてんか』を紹介しつつ、長らくタブーだったはずの笠置が穎右の配偶者として家系図に組み込まれている。どうにも複雑奇怪な吉本興業史だが、戦前からの経営史を辿ってみたい。

戦前の東京進出と挫折

 初期(1930年代)の吉本は、大阪モダニズムを背景にベンチャー企業として台頭し、専属制でギャラを保障する近代的興行会社として地位を築きつつあった。金勘定は吉本せい、興行は林正之助が担当。林弘高、橋本鐵彦という大卒インテリコンビの指揮で東京にも進出、東宝の前身であるPCLへ接近するなど、多角化戦略も始まっていた。笑芸以外のマネジメントにも積極的で、34年の東京巨人軍創設に共同出資しているが、これは石井一久が吉本の契約社員のまま楽天イーグルスGM兼監督を務める現在まで繋がっている。


......続きはZAITEN9月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

玉木正之 vs. 小林信也 「高校野球〝夏の甲子園〟を廃止せよ」

佐高信×落合恵子 「安倍氏死去」で思った〝知性〟の在り方

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

ヨシモト城下町ルポ「大阪支配」の現在地

【特集】〝政商〟吉本「増殖する公共利権」演出のキーマン

三菱自動車「加藤社長はゴルフ三昧」の暗澹