ZAITEN2022年09月号

内藤家が口を噤む〝CEO次女の夫〟

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

カテゴリ:企業・経済

 エーザイは新規事業として「病院乗っ取り」でも始めたのだろうか。いや、同社上級社員で、しかも代表執行役CEO(最高経営責任者)の〝婿殿〟が乗っ取りを図っているのだから、最近ブームの副業といったところか。そればかりか、妻や実母までも参戦、さながらファミリー挙げての家業の様相を呈しているのである。

ITバブル期に〝登場〟

「面白いことを教えてあげるよ」  ある医療関係者がこう話を向けてきた。 「不動産の賃貸や病院の経営支援を行う東証グロース上場のグローム・ホールディングス(HD)では、子会社のグローム・マネジメント(GMMA)が医療の現場を取り仕切っているんだが、5月12日にグロームHDが、子会社で不適切な取引が行われていた可能性があるとして、2022年3月期決算発表の延期と同時に、特別調査委員会の立ち上げを適時開示して、5月19日にはHDの取締役でもあったGMMA社長の橋本和久の解任を決定したんだ」

......続きはZAITEN9月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

上海電力を日本に招き入れた「日立製作所」の原罪

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

エーザイ「不肖の婿殿」が〝病院乗っ取り稼業〟

LIXILを奪った「瀬戸欣哉」の不都合な真実

【特集】創業110周年「吉本興業暗黒史」

ヨシモト城下町ルポ「大阪支配」の現在地

【特集】〝政商〟吉本「増殖する公共利権」演出のキーマン

【特集】吉本興業「笑えない」政〝笑〟軍団

三菱自動車「加藤社長はゴルフ三昧」の暗澹

【特集】「電力崩壊」の戦犯たち