ZAITEN2022年09月号

〝叔父貴追放クーデター〟以外に実績なし

セイコーHD「服部真二」成り行き経営の末路

カテゴリ:企業・経済

 セイコーホールディングス(HD)が今年10月「セイコーグループ」に社名変更する。自分の女性秘書を取締役に抜擢するなど、経営を壟断した創業一族の長老、服部禮次郎(2013年死去)を解任する「クーデター」が起きたのは12年前。以後同社の舵取りは禮次郎の甥で現会長の真二(69)が担ってきたが、経営陣の求心力はさっぱり回復しない。数年前まで「時計に経営資源を集中する」と言っていたのに、今回の社名変更で「顧客や社会の問題を解決するソリューションカンパニーへの転換を目指す」という。中期経営計画は毎度未達成でまさに〝砂上の楼閣〟。成り行き任せの経営は漂流するばかりだ。

社長のクビを挿げ替え

 4月に始まった23年3月期から、セイコーHDは事業区分を変更。従来「ウオッチ」「電子デバイス」「システムソリューション」「タイムクリエーション・和光事業他」の4部門としていたのを、新たに時計などの「エモーショナルバリューソリューション(EVS)」、精密部品の「デバイスソリューション(DS)」、ネットワーク系などの「システムソリューション(SS)」の3部門に再編成した。全てに「ソリューション」を付けているところがミソだ。

......続きはZAITEN9月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

石垣食品「債務超過」で不穏な株主総会前夜

経産省「経済安保とGX」で放漫財政の噴飯

霞が関も危惧する「商工中金・関根」の大暴走

NIPPOの「ガバナンス崩壊」はENEOS譲り

東海東京FH「石田会長の横暴人事」に株主激怒

【あきれた経営陣! 】江崎グリコ「江崎勝久会長 & 江崎悦朗社長 」

【特集2】アクティビストが狙う「全国地銀銘柄」

【特集2】LINEヤフー〝株主軽視〟の「ぬるま湯」人事

【特集2】2024年「〝モノ言う株主〟が跋扈する」株主総会

大正製薬「上場廃止で訴訟乱発」暴走する〝上原一族〟