ZAITEN2024年07月号

ZAITEN SIGHT

つくばエクスプレス「偽りのベースアップ」に現場の怒り

カテゴリ:事件・社会

 政府や経団連などが賃上げを促す中で、秋葉原とつくばを結ぶつくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道も、今年4月から初任給の引き上げや基本給のベースアップを行った。初任給と役職のない社員は1万5000円、副主任以上では1万円の引き上げ。ところが、「賃上げになっていないのではないか」との声が聞こえてくる。  

 同社のある乗務員は憤る。 「ベースアップした一方で、人事考課で多くの人が低い評価をつけられています。上から3番目のB+と去年評価されていた人が、今年は軒並み一つ下のB評価を受けています。評価は職能給に反映されるので、ベースアップをしても職能給の昇給が抑えられている状況です。『どうなっているんだ』と、現場はみんな不満を漏らしています」

......続きはZAITEN7月号で。

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

つくばエクスプレス「偽りのベースアップ」に現場の怒り

大幸薬品「サンプル薬を社員に〝毒見〟」の異常倫理

【特集3】読売新聞「販売局・矢ヶ崎独裁強化」で販売店悲鳴

【特集3】産経新聞「販売局の裏金疑惑」証拠資料を入手‼

【特集2】宝飾大手ナガホリ「株主還元問題」でゴタゴタ継続中

【特集2】2024年株主総会「アクティビスト」最新動向

【特集1】みずほ「コンプラ崩壊」現場から怨嗟の声続々‼

スペースワン「ロケット爆発」でも懲りない豊田社長の来歴

ダイキンの「PFAS垂れ流し疑惑」報じない忖度マスコミ

議決権行使助言会社に存在意義なし