ZAITEN2021年11月号

図体だけはメガバンクに迫る断末魔

【特集】みずほ処断

カテゴリ:企業・経済

2111_みずほトビラp14.jpg

システム障害を多発させ、メガバンクはおろか、金融機関の体すら為さないみずほフィナンシャルグループ。金融庁はついに前代未聞の行政処分「システムの管理命令」を発動させる――。会長の佐藤康博、社長の坂井辰史ら首脳部の退陣は必至の情勢だが、記者会見を見ても分かる通り、もはや当事者意識も窺えない有り様だ。デカい図体に胡坐をかいて「潰れない」「潰されない」という慢心だけで愚にも付かない経営を続けてきたのだから、当然という他ない。果たして、この問題銀行はどんな断末魔を迎えるのか......徹底取材した。

ラインナップ

・坂井クビで「金融庁管理銀行」に転落の一路

・第一生命との合弁会社でも"グループ崩壊"の予兆

・転落のS級戦犯「佐藤康博」は今日もノー天気

・ムスリム礼拝所に「みずほATM設置」で大顰蹙

・中小企業は客にあらず「職務放棄」の異常 

・「自宅待機5年で解雇行員」提訴の逆襲

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】みずほ処断

【みずほ特集】みずほ「自宅待機で解雇行員」提訴の逆襲

【みずほ特集】坂井クビで「金融庁管理銀行」に一路

太陽生命「ワクチン営業」に会長独裁

竹中平蔵たちが巣食う「デジタル庁」

【みずほ特集】みずほ転落のS級戦犯「佐藤康博」は今日もノー天気

規制改革会議にチーママ「夏野剛」抜擢の愚

【みずほ特集】ムスリム礼拝所に「みずほATM」で大顰蹙

【みずほ特集】社会的インフラの使命を"放棄"するメガバンク

【職場ウォッチング】明治