政治・国際

ZAITEN2022年3月号

片山さつきが唱える「令和の大徳政令」

新型コロナ禍で打撃を受けた中小企業の借金棒引きを狙う自民党金融調査会長の片山さつき。今夏の参院選を前に長期政権を目指す岸田官邸を巻き込んだ“猛女”の妄想に、金融界は警戒を強める。

ZAITEN2022年03月コロナ対策片山さつき高市早苗

ZAITEN2022年3月号

古谷経衡 岸田文雄を〝呪詛〟するネトウヨ文化人

朝令暮改で〝日和見〟の岸田文雄政権だが、意外と支持率は高い。そんな状況に歯噛みしているのが ネトウヨ界隈である。宏池会を認めない右派論客は今でも〝最低宰相〟安倍晋三を「総理」と呼ぶ始末―。

ZAITEN2022年03月号ネット右翼古谷経衡安倍晋三岸田政権岸田文雄

ZAITEN2022年2月号

【新春対談】佐高信 vs.辻元清美「バッジを外して初心に戻る!」

2021年10月末の総選挙で予想外の落選に塗れた前衆議院議員、辻元清美。大阪の選挙区で日本維新の会の集中砲火を浴びて「タダの人」に戻った格好だが、「それは政治家になった原点に回帰するために与えられた試練」と心機一転を目指す。旧知の佐高信に今の思いを余すところなく語った――。

ZAITEN2022年02月号佐高信辻元清美

ZAITEN2022年2月号

適菜収「永遠の児童・安倍晋三の野放しこそ有事」

派閥を結成し、“あの男”が永田町で影響力を強めている。日本を破壊したA級戦犯・安倍晋三である。“はら痛”で2度も政権を投げ出した男をこのまま増長させてはならない。作家・適菜収が警鐘を鳴らす――。

ZAITEN2021年02月号安倍晋三自民党適菜収

ZAITEN2022年1月号

適菜収が警鐘「維新栄えて国滅ぶ」

無風に終わった先の衆院選において大阪を中心に勢力を増し、4倍もの議席増となった日本維新の会。「維新が栄えると国にとって致命的」とその危険性に警鐘を鳴らしてきた作家が緊急寄稿する――。

ZAITEN2022年1月号吉村洋文大阪維新の会適菜収

ZAITEN2022年1月号

アベノマスク8200万枚在庫は「安倍晋三邸」に送り付けよ!

大量の在庫が残る安倍晋三の負と愚の遺産「アベノマスク」の保管に6億円以上の血税が投入された。こんなバカげた話があろうか――。

ZAITEN2022年1月号アベノマスク安倍晋三明石順平

ZAITEN2021年12月号

嶋田隆「岸田"経産省"政権」の悪だくみ

基盤の脆弱な新政権において、岸田文雄と同じ開成高校同窓で首相秘書官を射止めたかに見える元経産次官の嶋田隆。しかしその真意は、入省同期の今井尚哉の安倍政権と同様、経産省主導の政権運営に他ならない。

ZAITEN2021年12月号今井尚哉岸田政権岸田文雄嶋田隆経済産業省

ZAITEN2021年12月号

適菜収が斬る「政界一つまらない『岸田文雄』狂気の人事」

悪い人物ではないが、とりたてて論じることもない。岸田文雄を評すならばそういうことになるだろう。 しかし、その背後には日本を破壊したA級戦犯、安倍晋三が蠢いていることを忘れてはならない―。

ZAITEN2021年12月号岸田文雄自民党適菜収高市早苗高木毅

ZAITEN2021年12月号

古谷経衡が斬る「『ネトウヨ』に忖度する岸田政権」

高市早苗政調会長――。宏池会の、岸田政権の船出にしては異常なほど右派に配慮した人事である。それはいち広報に落とされた河野太郎と比較すればなおさら。なぜ岸田はネトウヨに忖度するのか。

ZAITEN2021年12月号古谷経衡岸田文雄総裁選挙自民党高市早苗

ZAITEN2021年11月号

【自民党新総裁特集】 目糞鼻糞を笑う「自民党新総裁」

10月1日に今号が発売される頃には決まっている自民党の新総裁、新総理。岸田文雄、河野太郎、高市早苗、野田聖子の4名で争われた自民党総裁選(9月17日告示・29日投開票)だが、いずれ劣らぬ無能・小者たちで、まさに“目糞鼻糞”の類の話。「誰がなっても一緒」というのが本質であろう。にもかかわらず、「新しい風が吹く」などと茶番を盛り上げるマスコミはいまや“社会悪”という他ない。果たして現時点では、岸田、河野、高市のいずれか、としか言えないが、この人物たちがどれほど「宰相の器に非ず」かを適菜収、古谷経衡、佐高信の3名が斬る――。

2021年11月号佐高信古谷経衡岸田文雄新総裁望月衣塑子河野太郎自民党適菜収野田聖子高市早苗

1  2  3  4  5  6