ZAITEN2022年1月号

国難を煽る“新利権”に百鬼夜行

【特集】岸田政権「まやかしの経済安保」

カテゴリ:企業・経済

2201_特集トビラ_p014.jpg覇気のない総理、岸田文雄が勇ましくぶち上げた「経済安保」政策。いまや政権の最重要課題のひとつだが、立ち込めるのは新たな利権の臭いに他ならない。新顔の学者政商、公安筋、経産省らが混然一体となって血税はおろか、企業に群がる様はまさに百鬼夜行。しかし、当の仕掛け人の甘利明はご愁傷様にも先の総選挙で小選挙区落選、自民党幹事長から蹴飛ばされ表舞台から消えた。とはいえ、それでも新利権のマシーンが止まることはないが、鳴り物入りで誘致した台湾TSMCの半導体工場については、巨額補助金を巡ってその効用が早くも疑問視される―。国益死守を掲げながら、国富の流出をも懸念させる経済安保の"まやかし"を突く。

【ラインナップ】

◆岸田文雄に「経済安保」を吹き込む悪い奴ら

◆東京機械を免罪した経産省「経済安保」のお題目

◆日本の「データ主権」防衛に当局の弱腰

◆岸田政権でも残留「竹中平蔵」が損なう経済安保

◆半導体工場誘致「TSMC」にカモにされる「経済安保」

購読のお申し込みはこちら 情報のご提供はこちら
関連記事

【特集】みずほの「成れの果て」

【みずほ特集】「旧興銀支配10年」の成れの果て

【特集】不正企業を暴く「内部告発」の刃

富士急ハイランド「事故多発」に堀内家支配

【内部告発特集】改正「内部告発者保護法」の知られざる中身

株主を惑わす「一体型委任状」の姑息

日立「原発復権」にタマはなし

三菱自動車・加藤社長「大株主に唯々諾々」の惨状

【特集】岸田政権「まやかしの経済安保」

三菱自動車「パジェロ」中国輸出が大頓挫