企業・経済

2021年1月号

スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

社長就任から40年余り。長男を社長に据えてもなお、〝退く〟ことのないスズキ会長の鈴木修。コロナ禍で主力のインド市場は惨憺たる状況の一方、地元静岡・浜松でも波乱を巻き起こしている。

ZAITEN2021年01月号スズキ鈴木修

2020年12月号

「ユーザベース」の海外M&Aが大失敗

「経済を、もっとおもしろく。」を標榜するイケイケの“意識高い系”経済メディア、ニューズピックス。その運営会社、ユーザベースの創業トップが突如辞任した――。

ZAITEN2020年12月号ニューズピックスユーザベース海外M&A

2020年12月号

日本取引所JPX清田CEOに「クビ」の必罰

10月1日、全銘柄が終日売買停止という前代未聞のシステムトラブルを引き起こした東証。しかし、親会社JPXトップの清田瞭は利殖スキャンダルに塗れる有り様。今度こそクビが危ない。

JPXZAITEN2020年12月号日本取引所グループ東証清田瞭

2020年12月号

JTB「GoToトラベル」でライバルに嫌がらせ

まさに〝火事場泥棒〟というに相応しい。コロナ禍を受けたGoToトラベルキャンペーンだが、その予算を恣にしているのが旅行業界盟主のJTB。果ては、ライバル社潰しにまで使う悪辣ぶり。

GoToJTBZAITEN2020年12月号国交省観光庁

2020年12月号

GoTo混乱で観光庁長官「処分」に菅首相の人事介入

GoToZAITEN2020年12月号国交省経産省観光庁

2020年12月号

三菱商事を引きずり込む「三菱自動車」の泥沼

三菱商事が、業績不振の三菱自動車のせいで、総合商社トップの座から陥落しようとしている。三菱自は今期、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって巨額赤字を計上する見通しとなり、経営は危機的な状況だ。アライアンスを組む日産自動車とルノーも同様に業績不振に苦しんでおり、三菱自の支援どころではない。そこに三菱自を長年にわたって引っ張ってきた元会長の益子修が8月に死去したことで、社内の分裂は一段と深刻になっている。三菱自プロパー社長の加藤隆雄はリストラばかりに熱心で、「リーダーシップの欠片もない」と社員も呆れ顔で、再建は見通せない。三菱自への肩入れを続ける三菱商事を巻き込んで「共倒れになる」との観測も現実味を帯びてきた―。

ZAITEN2020年12月号三菱商事三菱自動車倉橋政嗣加藤隆雄垣内威彦戸出巌

2020年12月号

みずほFG「20年」の奈落の底

今年9月、統合から丸20年を迎えたみずほFG。しかし、飛び交うのは〝暗い話〟ばかり。そんな中でも、社長の坂井辰史は来年就任予定の全銀協会長職に喜色満面というから、救いがない―。

ZAITEN2020年12月号みずほフィナンシャルフループみずほ銀行佐藤康博坂井辰史

2020年12月号

三菱UFJ平野会長「経団連会長獲り」の仰天

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の〝天皇〟として行内で〝恐怖支配〟を敷いてきた平野信行会長が、新たな権力の座を奪取しようと蠢き出した。そのポストとは経団連会長という……。どういうことか。

MUFGZAITEN2020年12月号三毛兼承三菱UFJ平野信行

2020年12月号

NEC「復活」のフェイクニュース

NTTとの提携などを受けて「電電ファミリーの長男坊」NECが、仮初の活況を呈している。菅政権によるデジタル特需の期待も膨らむが、度重なるリストラに呪われた会社に復活の目はない。

NECZAITEN2020年12月号松橋郁夫遠藤信博

2020年12月号

焼きが回った日本製鉄の「無策経営」

新型コロナ禍のドサクサで目立たなかったものの、第1四半期で420億円の赤字決算を計上した日本製鉄。その本質は著しい国際競争力低下と、馴れ合いに堕した歴代トップたちの〝無能経営〟にある―。

ZAITEN2020年12月号右田彰雄呉製鉄所宗岡正二宮本勝弘日本製鉄橋本英二進藤孝生

1  2  3  4  5  6  7