企業・経済

ZAITEN2022年1月号

山口FGに喰い込んだ「日銀OB」の来歴

地銀界にあって中国地方の雄とされてきた山口FG。しかし、グループに君臨した会長の吉村猛が追放される事態に……。その背後には吉村の独断専横と、日銀出身コンサルタントの存在があった。

ZAITEN2022年1月号山口フィナンシャルグループ

ZAITEN2022年1月号

西武HD「後藤王国」資産切り売りで崩壊一路

新型コロナ禍で経営危機に瀕する西武HD。しかし、いまだ自己保身に汲々としているのが、社長在任15年で西武を掌中に収めた後藤高志である。社内では人心の離反が進むばかりだ――。

ZAITEN2022年1月号後藤高志西武HD

ZAITEN2022年1月号

【経済安保特集】岸田文雄に「経済安保」を吹き込む悪い奴ら

10月末の総選挙で政権基盤を固めた岸田政権。しかし、幹事長の甘利明は選挙区で落選、その座を追われた。それでも、甘利は自身が政権の目玉政策に仕込んだ「経済安保」を巡って暗躍。関連ビジネスに悪乗りする輩が続々と……。

ZAITEN2022年1月号國分俊史岸田文雄経済安保

ZAITEN2022年1月号

JR東海「リニア新幹線」進むも地獄・退くも地獄

死者も出したリニア工事発破事故や、その直後にまたもや起こった崩落事故……。原因は調査中だというが、その背景にはリニア工事の遅延問題が浮かび上がる――。

JR東海ZAITEN2022年1月号リニア

ZAITEN2022年1月号

【経済安保特集】日本の「データ主権」防衛に当局の弱腰

日本のデジタル情報の海外流出リスクが高止まりしている。データ主権を掲げて自国内に情報を囲い込む中国に対し、金融庁をはじめとする当局の対応はこれまで鈍かった。岸田政権の経済安保政策ではとても事態を変えられそうにない。

ZAITEN2022年1月号ビットフライヤーフォビジャパン暗号資産取引所bitFlyer

ZAITEN2022年1月号

キーエンス「就業中は私語禁止」モチベは高年収のみ

一般知名度は低いが、投資家や就活生の間では高名。2021年6月には国内企業の時価総額ランキングでソフトバンクグループのキーエンス。その実態は――。

ZAITEN2022年1月号キーエンス

ZAITEN2022年1月号

【経済安保特集】TSMCにカモにされる「経済安保」

台湾TSMC工場誘致を演出し「経済安保」を岸田政権の最重要政策に押し上げた甘利明。しかし本人が事実上失脚する一方、外資メーカーに補助金をタカられる現実も露わになりつつある。

ZAITEN2022年1月号台湾積体電路製造甘利明TSMC

ZAITEN2022年1月号

【経済安保特集】岸田政権でも残留「竹中平蔵」が損なう経済安保

菅義偉のブレーンだった竹中平蔵がちゃっかり岸田政権でも生き残り……。

ZAITEN2022年1月号竹中平蔵

ZAITEN2022年1月号

【経済安保特集】東京機械を免罪した経産省「経済安保」のお題目

経営不振続く東京機械製作所。それでも外国人株主の責任追及からは放免された。

ZAITEN2022年1月号アジア開発キャピタル東京機械

ZAITEN2021年12月号

【特集】金融庁「作為と不作為」の原罪

みずほ銀行がシステムトラブルを相次いで引き起こす一方、北尾吉孝率いる“異形の金融王国”SBIホールディングスが新生銀行にかけたTOB(株式公開買い付け)は「敵対的TOB」に発展し異例の事態となった――。その陰には、みずほの長きガバナンス崩壊を座視してきた金融庁の不作為と、SBIが露骨に進める幹部をはじめとする金融庁OBの“天下り”受け入れという作為的な事態が横たわる。果たして、これまでの金融行政に瑕疵はなかったのか――。その“原罪”を検証する。

SBIZAITEN2021年12月号みずほ金融庁

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14