企業・経済

2021年07月号

【特集】愛と裏切りの「株主総会」

株主と経営陣が唯一対峙する場、それが「株主総会」である。しかし日本企業では長く、如何に株主総会を〝シャンシャン〟で終わらせるかが、経営者の力量のメルクマールとされてきた。しかし、アクティビスト(物言う株主)の台頭でそのような総会の光景も一変しつつある。図らずもそれを露呈したのが、かつての名門企業で、いまや国策の具に堕した東芝の総会に他ならない。超名門企業から地方の一族経営企業まで、株主総会の裏側を追った――。

IRジャパンMBOTOBZAITEN2021年07月号はるやまアクティビスト天馬太田洋弁護士日本アジアグループ村上ファンド東芝株主総会物言う株主

2020年11月号

三菱商事 垣内社長「異形の独裁」経営【5/13全文無料公開】

「同業首位の絶対死守」を掲げ、ナンバーワン商社を標榜してきた三菱商事。しかし、2021年3月期決算は伊藤忠商事が5年ぶりに首位を奪還、片や三菱商事の最終利益は20年3月期比67.8%減の1725億円と、2位どころか4位に転落した。民放キー局で揶揄される「振り返ればMXテレビ」よろしく、過去最大の赤字に沈んだ住友商事の"上"という「振り返れば住商」の体たらくなのである。三菱商事からすれば、この失態の理由を新型コロナウイルス禍に転嫁しているようだが、果たしてそうなのか――。すべての経営責任は、社長在任5年を迎えた垣内威彦に帰せられるのが筋であることは言うまでもない。コロナなど、その目くらましに過ぎないのだ。そこで、本誌「ZAITEN」は垣内本人の責任を問うべく、20年11月号(同10月1日発売)掲載の特集レポートを特別に全文公開したい。本稿で描かれるのは、特異なパーソナリティを持ったトップを戴く巨大企業の暗澹とその必然であり、まさに「魚は頭から腐る」の一例と言えよう――。

ZAITEN2020年11月号三菱商事中西勝也垣内威彦

2021年06月号

NEXCO東日本「住民分断」の陥没事故対応

「東京外かく環状道路」のトンネル掘削中に、突然起こった住宅地の陥没事故。 事故を起こしたNEXCO東日本は周辺住民に寄り添った対応はおろか、断絶を図るばかりなのだ。

ZAITEN2021年06月号NEXCO東日本

2021年06月号

【NHK特集】NHK渉外グループ「永田町・総務省」接待の流儀

公共放送接待担当者たちの「仕事の流儀」とは―。

ZAITEN2021年06月号公共放送前田晃伸会長NHK

2021年06月号

みずほ「ゆるキャラCM」はいい加減にしろ!

3度目の大規模システム障害を引き起こしたみずほ銀。いまだにATMにキャッシュカードや通帳を入れる時、吸い込まれて出てこなくなるのではと不安に思う人も多いのでは。

ZAITEN2021年06月号みずほみずほ銀行佐藤康博坂井辰史

2021年06月号

藤田観光に迫る「椿山荘も売却」の窮状

ビジネスホテルの草分けで、全国に優良不動産を所有してきた藤田観光。DOWAホールディングス傘下で身動きが取れない中、名門の「太閤園」を創価学会に売却……揣摩臆測が飛び交っている。

ZAITEN2021年06月号太閤閣藤田観光

2021年06月号

【NHK特集】「公共メディア」とは程遠い現状と構造問題

NHKは「公共メディア」の役割を果たしていると言えるのか。激変する環境の中で揺れる「みなさまのNHK」だが、その現状を元記者である筆者が〝構造問題〟の観点から分析する―。

ZAITEN2021年06月号公共放送前田晃伸会長NHK

2021年06月号

みずほ証券子会社「暴走社長」と"お気にのオンナ"

みずほ子会社の退任社長は、無理やり研修や出張をこしらえて、寵愛する女性社員Aとの外出を繰り返していた――。

ZAITEN2021年06月号みずほみずほフィナンシャルグループみずほ証券みずほ銀行鈴木亮太

2021年06月号

みずほ証券「退職者に留学費用返せ!」の赤っ恥訴訟

留学費用の返金を求めて痴話喧嘩―—。

ZAITEN2021年06月号みずほみずほフィナンシャルグループみずほ証券みずほ銀行

2021年06月号

天馬「骨肉の争い」にグレーなディール

まさに骨肉相食む。社名は知らずとも、製造するプラスチック衣装ケースで知られる天馬。 この資産リッチ企業で創業兄弟家の内紛が激化。〝物言う株主〟ダルトンも巻き込み、重大局面に―。

ZAITEN2021年06月号天馬Fits(フィッツ)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10